FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
新鵜沼短絡線(名鉄犬山線新鵜沼駅~JR高山本線鵜沼駅)~その2~
新鵜沼短絡線の続き。

P1020638.jpg
高山本線鵜沼駅富山方の山崎街道踏切から鵜沼駅構内を見た様子。
辛うじて引上げ線の一部が残ってますが短絡線部分は住宅になって面影なし。

DSC_0097_201712172105189bc.jpg
同じ場所に短絡線のレールが一部残っていた頃。
新鵜沼方には既に住宅建築中で犬山線との接続は切られてますが辛うじて一部のレールが残ってました。
右の側線の車止めも木組みの味わい深いものでした。
2012(平成24)年5月5日撮影

新鵜沼短絡線からは犬山線、小牧線内各駅発着の貨物、さらに広見線新広見駅が発着していました。
ここから入る貨車の発着先としてはニチボー(犬山線犬山)、東洋紡(犬山線木津用水)、福玉精麦(犬山線布袋)、進駐軍→自衛隊小牧基地(小牧線豊山)に専用線がありました。
1950年代の関西電力丸山ダム建設時には最寄りの国鉄連絡駅で太多線と接続する広見線新広見駅だけでは容量が足りず新鵜沼短絡線でも貨車を授受していました。
電気機関車は大型機は入って無かったようですが旧名岐デキ100、旧三河デキ300、旧愛電デキ370、東洋紡私有機デキ110、元関電私有機デキ250、電動貨車デキ1500など多彩な顔ぶれが見られたようです。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名鉄 | 21:27:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する