FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
与川→王滝森林鉄道(三殿→上松運輸営林署)No.41
西宮後停留場の与川森林鉄道制作進行でブログネタが追い付いてません~(^ ^;)
というわけで与川森林鉄道の機関車の1台をピックアップ。

中央本線南木曽駅(当時は三留野駅)隣接の三殿営林署運輸事業所に所属していた加藤製作所製4tガソリン機No.41(旧番No.49)。
1936(昭和11)年度に購入されており、木曽の林鉄機としては珍しく高床式台枠を持っていました。
イラストは昭和20年代半ば以降に上松運輸営林署に転属しエンジンを日野DS11に換装してディーゼル化、車体上回りも大改造した後と見られる姿です。

No41-3.png
フードカバーのルーバーは上松運輸営林署機工課自作らしいつくり。
上下に丸穴を開けてその間を真っ直ぐ切断してプレスして折り曲げてます。
縦横の違いはあるものの同課が改造したモーターカーNo.4前面ラジエターグリルのルーバーと同じような形状です。

No41-4.png
キャブは加藤製作所の原形スタイルですが屋根を酒井風の丸屋根に改造したため普通の加藤機と雰囲気が違います。

これだけ大改造した割には何故か1956(昭和31)年に早くも廃車されてしまいます。
事故にでも遭ったかよほど調子が悪かったのでしょうか?
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:42:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する