■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
GWの旅7
寄り道のし過ぎで半日掛かりでようやく到着した馬路村魚梁瀬。
目的は勿論これ・・・魚梁瀬森林鉄道の車輌たちです。
DSC_0359_20120624210638.jpg
当日稼働していたのは谷村鉄工所製機関車を模した復元機関車。
谷村鉄工所は太平洋戦争末期に戦災を受け消滅してしまい、林鉄の廃止後機関車も残りませんでした。
とは言え復元機と侮るなかれ。
係の方から伺ったお話によると当機を製作した株式会社垣内の創業者は谷村鉄工所のOBだったそうです。
機関車の復元に関しても林鉄では珍しいロッド式などは忠実に再現。
勿論エンジンはいすず製だったり、トルコンが付いていたり、キャブも窓がHゴムだったりと
オリジナルより近代的になっている点も多いです。
とは言え戦後も谷村鉄工所が残って機関車を作っていたらこんな感じだろうか・・・などと想像が膨らみます。

DSC_0349.jpg
運転体験(何とたった\1,000!)ができるので早速SKW氏と申込み。
まずは自分が運転させてもらうことに・・・人生初の軌道上を走る動力車運転です。
谷村式の復元機で、係員さんに運転操作を添乗指導してもらい周回コースを2周。
ここで客車に乗っていたSKW氏と交代して1周乗車。
2周目は下車して走行シーンの撮影です!

DSC_0363_20120624210636.jpg
というわけでSKW氏の運転する谷村君。周回コースなのでちょっと駆け回るだけで1周に付き2,3枚は撮れます。

DSC_0380.jpg
庫内には当時のオリジナル、野村組工作所製4.5t機のL-69が納まっています。
やはりオリジナルの貫禄があります。
こちらの方が谷村君よりパワーもあり速度も出るそうですが、重量があるため軌道への負担を軽くするため通常は谷村君を使用しているそうです。
今回は庫内だけですが動かしていただくことができました。
吹かすエンジン音と排気が凄まじく、庫内からモクモクと煙が(^^;)
今度は野外をのびのびと走る姿を見たいですね。

DSC_0384.jpg
野村君の運転台。ステアリングホイールのように見えるのはハンドブレーキ。
エアブレーキはないため、このハンドブレーキだけで止めることになります。

・・・とは言え、重く長い運材列車を機関車のハンドブレーキだけで止められるわけがありません。
木曽や千頭林鉄などは一般鉄道と同じく貫通ブレーキを装備していましたが、ここでは凄い技が使われていました。

以下次回
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(高知営林局) | 21:45:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ