FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
北見営林局の機関車~その2 協三10t機~
前回に続き「滝上の森林鉄道を研究する会」様の御好意で写真の掲載許可を頂くことができたので機関車の写真を載せます。
今回は協三工業機。

北見営林局DL-50
P1020038.jpg
1956(昭和31)年12月協三工業製10tディーゼル機関車。
エンジンは日野ヂーゼル工業(現・日野自動車)DA-50を搭載。
トルクコンバータは無く機械式変速(車で言うとMT車)です。
前回のDL-53、54と同じく「北海道における森林鉄道用ジーゼル機関車について」北海道大学農学部演習林研究報告第20巻第1号(小熊 米雄/著)では丸瀬布営林署所属で武利森林鉄道にいたと記録されています。

前年1955(昭和30)年7月製造の滝ノ上営林署所属46、47とはエンジンも含め同型機。
1956(昭和31)年8月製造の丸瀬布→津別営林署43は現在群馬県根利で北見営林局時代の姿に復元されています。
DL-50の写真はモノクロで色が解りませんが青色だったのでしょうかね?

DSC_0931_201710022156089f4.jpg
北見営林局置戸営林署のボールドウィン3号機と並ぶ43号機。
木曽に転じた後は長野営林局上松運輸営林署No.141となっていました。
詳しくはこちら

DSC_0950_201710022156099ca.jpg
43の後ろ姿。
こちらはエンジンが日野DA-57で型式が異なっていました。

日野DA-58は大型ガソリンカーのディーゼル化でよく使われたエンジンでした。
主な例としては国鉄キハ41400→キハ05。現存例では加悦鉄道キハ51がいますね。
IMG_5196.jpg
キハ51床下の日野DA-58。
キハユニと書いてありますが加悦鉄現役時代は荷物郵便の扱いは無くキハでした。
江若鉄道廃止時にもらったお古のエンジンらしいです。

DSC_3678.jpg
戦前製の私鉄気動車(1936(昭和11)年日本車輌製 旧・芸備鉄道キハユニ18)としては結構図体がでかい車両。
エンジンも林鉄の大型機関車に採用されるほどなので強力なものと思いますが出力がどれくらいかは調査中。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 00:05:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する