FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
滝上森林鉄道の軌跡ガイドツアー~オシラネップ線 その1~
丸瀬布から峠を越えた道の駅 香りの里たきのうえへ移動。
観光協会にお願いしていた「滝上森林鉄道の軌跡ガイドツアー」のため道の駅2階の滝上町観光協会へ。
北見営林局滝ノ上営林署の濁川(渚滑)森林鉄道跡を巡るツアーです。

道の駅自体が国鉄渚滑線と濁川森林鉄道本流線の並行区間跡に位置しており、滝上の森林鉄道を調べる会の方々のご案内の元まずは濁川貯木場へ。
まずは全長28㎞(資料によって距離が違う)のオシラネップ線跡を辿りました。

●滝ノ上営林署濁川(渚滑)森林鉄道
林政統一前は内務省北海道庁拓殖部林務課紋別営林区署の管轄で渚滑森林鉄道と呼ばれていました。
1935(昭和10)年度に着工し本流線が翌1936(昭和11)年度より運材開始、オシラネップ線は1938(昭和13)年度に運材が始まりその後も両線の延長、支線群の敷設が行われています。
本江機械(後の立山重工)、中山機械製のCタンク蒸機が多数活躍していました。
林政統一後は農林省北見営林局滝ノ上営林署(表記は滝上、滝ノ上両方あり。北見営林局資料ではノが入ってることが多い)の管轄となり濁川森林鉄道と呼ばれています。他に滝上森林鉄道、北雄森林鉄道という記述も見られややこしいです(^ ^;)
1954(昭和29)年の15号台風(函館湾で青函連絡船の貨客船を多数沈め洞爺丸台風として知られる)で発生した大量の風倒木輸送のためディーゼル機関車を大量増備してますがそれから間もない1957(昭和32)年度に本流線、1959(昭和34)年度にオシラネップ線が廃止となり姿を消しました。

ツアーで巡った順番は道路からのアクセスがし易い順でしたが記事上では濁川貯木場から山元への順に構成し直してます。
oshira0001.jpg
渚滑線濁川駅に隣接した第2貯木場の跡。
線路跡の道路のカーブは貯木場を囲むために線路が曲がっていた跡。
右がその貯木場で渚滑線から専用線が入り国鉄の貨車移動機や操縦車が入換、木材の積替えを行っていました。
なお奥は本流線へ線路が続き北見滝ノ上方面への渚滑線と並走していました。

oshira0002.jpg
同じ場所から濁川の林鉄車庫方面を見た様子。
第2貯木場は現在も貯木場として使われており木材が積んであります。

oshira0003.jpg
林鉄車庫付近からは旧・運輸事務所の建物も見えます。
奥に渚滑線の線路が通っており、左手には第1貯木場がありましたがこちらの貯木場は跡形もなし。

oshira0004.jpg
機関区の前に立つ森林鉄道起点跡の碑。
右後方に機関車庫の上屋やヤードが拡がっていました。

oshira0005.jpg
濁り川貯木場を出て最初にオシラネップ川を渡っていた橋梁跡。
一見複線橋梁の跡のようですが左右2本の橋脚で両脇から1本の桁を支える構造をしていました。
最初は木造トラス桁(恐らく下路トラス)、後に鉄製ガーダーに架け替えられたとのことです。
他でこんな橋脚構造の鉄道橋あったかな?と考えて見たら名鉄犬山線の犬山橋(1926(大正15)年架設)も架設当初は2本の円筒形橋脚にトラス桁を載せてましたね。
犬山橋の橋脚は現在左右の橋脚間がコンクリートで埋められ一体化したため何の変哲もない見た目になってます。

oshira0006.jpg
この橋梁で凄いのは橋台まで半円筒形の突起が2つ飛び出して桁を支える構造に揃えていること。
あまりに特異な構造で施工が難しくなるだけに思えますがどのようなコンセプトで設計されたのか気になります。
セメント使用量を抑えるための試行錯誤の結果でしょうか?

スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 00:03:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する