FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
白石工業桑名工場専用線(三岐鉄道西藤原駅)
白石鉱山として知られた炭酸カルシウム鉱山からの製品輸送を行った専用線。
鉱山は駅から5㎞ほど北西に離れていたので西藤原駅まではトラック輸送されていたものと思われます。

作業キロ:0.1km
作業方法:社機

白石工業桑名工場は三岐鉄道開業より10年前の1921(大正10)年9月に操業開始した炭酸カルシウム鉱山です。
今でも三岐鉄道がセメントなどを運ぶ太平洋セメント藤原工場はすぐ傍、山の反対側は近江鉄道が石灰石輸送を行っていた多賀鉱山もあり西濃、鈴鹿に多い石灰鉱山群の一つです。
ここでは歯磨き粉やゴム原料向けに炭酸カルシウムを生産しており、1976(昭和51)年9月に操業停止した後も鉱業所の建物がそのまま残りある筋にはよく知られる存在でした。
IMG_1096.jpg
白石工業桑名工場跡。現在は建屋が撤去されています。
坑道のほかに鍾乳洞も多く、地下で滋賀県までつながっていると言われます。
地元では「鍾乳洞でいなくなった犬が滋賀で見つかった」何ていう都市伝説も・・・。
 2003(平成15)年4月27日

IMG_1094.jpg
鉱業所跡の公道から見える位置にあった軌道橋。最近は見かけないので撤去された様子。 2003(平成15)年4月27日

鉱山ができた当時は北勢鉄道(現在は三岐鉄道北勢線)が阿下喜東駅(後の六石駅2004(平成16)年4月1日廃止)まで開業しており、袋詰めの炭カルを北勢線の貨物、混合列車が西桑名まで輸送し国鉄に積み替えていました。
三岐鉄道西藤原駅の専用線は専用線一覧表1964(昭和39)年版から確認、1961(昭和36)年版は未確認です。
ナローゲージの北勢線より国鉄線と貨車が直通可能な三岐線の方が輸送に便利と言うことでシフトしたのでしょうか。
鉱山、工場は先述の通り1976(昭和51)年9月に操業停止してますが専用線は専用線一覧表1983(昭和58)年版にも掲載されています。桑名工場以外の輸送にも使われていたのか名前だけ残っていたのかは分かりませんが・・・。

P1000701.jpg
三岐鉄道西藤原駅。右の車止めより先に続くレールが専用線跡のようです。

P1000678.jpg
側線脇にホッパーの土台のような石積みがあります。
車止めまでが三岐鉄道の構内でそれより先の30mほどのレールが専用線部なのでしょうか。

P1000673.jpg
専用線末端部から駅構内を見た様子。
右には三岐102号などが展示された側線もあります。
保存車群の右、以前ウィステリア公園があった広場にもかつては倉庫が建ち並んでいた様子。

P1000671.jpg
ホッパー土台(?)らしき石積み。

P1000675.jpg
白石工業専用線末端の踏切でレール、架線は終わっているのですが架線柱を見ると富田方にも側線が続いていた気配~。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:02:52 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
砕石輸送
ここから、この側線は踏切を越えて、富田側へ進み、山側へカーブしていきます。 そこに採石場があって、そこから砕石輸送がありました!
2017-09-11 月 17:13:06 | URL | 南野哲志 [編集]
採石専用線
南野さん、こんばんは~。
航空写真では線路が中までカーブして入っていたのかそのまま真っ直ぐで終わっていたのか判断が付きませんでしたが情報ありがとうございます。
砕石場跡も昨日見てきたので早速記事にしました。
2017-09-11 月 23:55:31 | URL | 西宮後 [編集]
白石工業桑名工場専用線に関して
一年以上前のエントリーにコメントをする事をお許し下さい。

現在三岐鉄道と白石工業の関連性を調べておりましてこちらで初めて白石工業桑名工場専用線という存在を知りました、三岐鉄道は当初鉄道敷設免許を藤原鉄道として申請していたので藤原鉱山(現太平洋セメント)との関連は理解できるのですが白石工業(桑名工場)との関連する情報がウェブ上には見つけられませんでした。

もしご存知でしたら桑名工場とその運搬に関する専用線との詳細(鉄道のルートや敷設時期など)を教えて頂けないでしょうか。

何卒宜しくお願い致します。
2018-12-24 月 06:21:52 | URL | 6FDW [編集]
Re:白石工業桑名工場専用線に関して
6FDWさん、コメントありがとうございます。

>一年以上前のエントリーにコメントをする事をお許し下さい。
うちは内容が時事性のあるものではないので古い記事へのコメント、情報提供大歓迎です。

白石工業と三岐鉄道に資本関係があったかはよくわかっていません。
国立公文書館で公開されている三岐鉄道の免許を見ると西藤原~関ヶ原延長計画線が白石工業桑名工場(以下白石鉱山と書きます)の真ん前で谷を横断しています。
もしこの区間が開業したら最寄りの篠立駅(白石鉱山北の台地上の集落内)から鉱山へ専用線を入れることくらいは想定していそうです。
三岐側は人口希薄で渓谷や山間部を抜けるこの区間を実際に開通させる気はあまり無かったようで鉄道省に何度も免許の延長申請を出してますがいつまでも着工しないので免許を取り消されています。

白石工業の専用線は国鉄が発行していた「専用線一覧表」と地元在住の方や三岐鉄道の方から伺った情報だけで他の資料を見付けられていません。
駅構内の積込み場と三岐線をつなぐだけの100mばかりの側線なので恐らくネット上にはまだ取り上げられて無いと思います。
当初は伊勢治田駅に白石工業専用線がありましたがこちらは敷設時期が全く不明。
白石鉱山からトラックで駅構内外れの側線まで運び貨車に積み替えていたようですが時代が古過ぎるため地元の方もご存知ないようでした。
西藤原駅構内の専用線は元々あった石原産業海運右四日市採石専用線↓の一部区間流用です。
http://nishimiyaushiro.blog18.fc2.com/blog-entry-551.html
http://nishimiyaushiro.blog18.fc2.com/blog-entry-682.html
この専用線は1941(昭和16)年敷設ですが昭和30年代にこの専用線が空いたため伊勢治田から白石鉱山寄りの西藤原へ専用線を引越したようです。

なお白石鉱山から炭酸カルシウムを出荷する際には三岐鉄道より前から北勢鉄道も利用されており三重交通時代も電車が炭酸カルシウムの袋を積んだ無蓋車を牽いていました。
当初は阿下喜東(後の六石)、全通後は阿下喜で馬車、トラックから北勢線の貨車に積み替え西桑名で国鉄に積み替えを行っていましたが輸送量はさほど多くなかったようです。

あまりご期待に沿う情報ではないかも知れませんが以上よろしくお願い致します。
2018-12-24 月 16:43:36 | URL | 西宮後 [編集]
回答有難うございます
早々の返信有難うございます、当方は各地の民俗学と地域産業の関係性を調べていまして数年前にまとめた白石工業に関する情報を再精査している過程でこの専用線の存在を知りました。コメント欄で失礼かと思いましたが詳しく説明頂けて本当に感謝しております。

- - - - -

>白石工業と三岐鉄道に資本関係があったかはよくわかっていません

そうなのです、実は白石工業にも直接問い合わせてみたのですが当時の記録は残っておらず、ですが解る範囲でお答え頂いた中に三岐鉄道との資本関係は無かったとの事です。また担当さんがおっしゃるには「専用線」の存在も知られておらず、ここで当方としては大きな謎になった訳です。

>白石工業の専用線は国鉄が発行していた「専用線一覧表」と地元在住の方や三岐鉄道の方から伺った情報だけで他の資料を見付けられていません

と、いう事は実際には桑名工場内部までは設置されずに運用は計画段階だったのでしょうか。伊勢治田駅や西藤原駅に関しては現在の太平洋セメント(藤原鉱山)とは密接な運搬運用関係にありますが数キロ離れた白石鉱山までレールを敷いた記録も見付からず、運用当時と思われる航空写真を見てもやはりその形跡はありませんでした。

桑名工場内では改造ターレの専用軌道が運用されていて製品化された炭酸カルシウムはトラックで出荷されたとの記録もありまして色々と混乱しています。

三岐鉄道にもこの辺を問い合わせたのですがこちらは回答を頂けず、こちらのサイトを見て藁をも縋る気持ちでコメントを残したという経緯でした。

- - - - -

もし他にも何か情報をお持ちでしたら是非教えて頂ければ幸いです、何分古い話ですので答えが出ないかもしれませんが当時に想いを馳せるのはやはりロマンがあると思います。
2018-12-25 火 00:42:15 | URL | 6FDW [編集]
三岐鉄道の資料
6FDWさん、こんばんは。

かなり詳しく調べておられますね。
伊勢治田、西藤原の専用線は工場の専用線とは言え結局は自社のトラックと貨車を中継するために設けたものなので白石工業が線路を鉱山内まで延ばす気はなかったと思います。
三岐側でも未成線の内工事まで行ったのは保々~四日市~四日市港を直結するため着工した保々寄りの一部区間だけで西藤原~関ヶ原は工事を行っていないとのことです。

三岐関係の資料は所用で上京したとき国立公文書館に寄り道して閲覧しました。
膨大な資料なので全部見てはいないのですがまだ何か出て来るかもしれません。
件名などはご自宅からでも検索することができますが中身は行って見ないと当たりか外れかわからないのが痛いところです。
国立公文書館デジタルアーカイブhttps://www.digital.archives.go.jp/
検索欄に「三岐鉄道」と入力して探すだけでも80件ばかりヒットします。
2018-12-25 火 22:46:09 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する