FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
富山地方鉄道デキ12021のバラスト貨物入換
新潟・富山旅行の最後。
越中三郷で10020形撮影を終えて後は富山から「ひだ」で帰るだけ~と思ってたら稲荷町でホキが動いてるのが見えたので慌てて下車。
不二越線ホームに上がってデキ12021の推進運転を撮影できました。
これまでデキ12021はイベント展示後の入換を期待して待っていたらその場でパンタを降ろしただけで終わってしまったり、撮ろうとしたらそんな時に限って電車が手前に入ってきたりで散々な目に遭わされてきましたが(笑)ようやく動いてるところが見られました。

P1000580.jpg
ホキ81
1962(昭和37)年富士重工業製。JRのホキ800と同型ですが富山地鉄自社発注車。
電鉄富山方(左)のホキ82はJRの中古車で1965(昭和40)年東急・協三製ホキ1749とのこと。

P1000582.jpg
デキ12021
1958(昭和33)年東芝製30t機。
黒四建設時に関西電力私有機として登場してるので当初は地鉄と関電両社の社章が入っていたそうですがその頃の写真は見たことがありませんね。
台車上部の芯皿が無くミンデン風の独特な台車構造がよく(?)話題になりますがボンネット上の複雑な形状のベンチレータも気になりますね。
全般的に東濃鉄道駄知線ED1001、松尾鉱業鉄道ED251、252をさらに進化させたスマートな形状で太平洋戦争前後の資材難の時期につくられた武骨な東芝戦時型凸電のイメージは払拭されてます。

P1000585.jpg
普段留置されている手前の側線から工場建屋側の側線へ移動中のデキ12021+ホキ81+ホキ82。
何をしようというのかな?

P1000589.jpg
ホキ81の右にコンクリートの台座が見えます。
ダンプカーからホッパ貨車への砂利積込み用の台座のようです。
近い内に保線工事があるので砂利の積込み準備をしていたというところでしょうか?

P1000592.jpg
見ていた間では砂利積込み場所まで移動しただけでパンタを降ろしてしまいダンプカーが来る気配もありませんでした。
最後に京阪テレビカー、地鉄オリジナルモハ14722との並びを撮っておしまい~。
最後まで気の抜けない新潟・富山旅行でした(笑)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

私鉄貨物 | 21:36:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する