FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
不二越駅の専用線群(富山地方鉄道不二越線不二越駅)
失言とその謝罪問題による一波乱でニュースになった企業もありますが一時的な話題でしょうしこのページの趣旨からも外れるのでここでは触れません。
因みに私は富山が閉鎖的とは全く思いません。
江戸時代には封建社会にあって官民連携した薬売りの全国展開、大正・昭和期の水力発電事業の発展、並びに重化学工業の発展など過去から現在まで北陸地方で最も積極的に新しいことに取り組む先進的な地域と思っています。

テツの目で見てもコンパクトシティーの実践として市内電車は新しく延びていくし、新駅設置、路線も私鉄、専用線にナローまであって興味深いことが多過ぎて帰れなくなります(^ ^;)
脱線しましたが以下本編~。

側線の内各で専用線と富山地鉄の管理境界は判然としませんが以下の専用線がありました。
富山冷蔵製氷専用線は駅前の大通り(富山県道6号線)を挟んで北側だったようですがスーパーになっており何も廃線跡を見いだせず終いでした。
<不二越富山本社工場専用線>
作業方法:私有機
作業キロ:0.7km

<富山冷蔵製氷専用線>
作業方法:手押
作業キロ:0.1km

<日本通運専用線>
作業方法:手押
作業キロ:0.1km

不二越は1928(昭和3)年に不二越鋼材工業として設立。
ベアリングや工作機械の製造を行いました。
1963(昭和38)年に社名が現在の不二越に変わっています。
現在では従来からの事業に加え産業用ロボットなど新しい事業も加わっています。

P1000479.jpg
不二越線不二越駅を電鉄富山方から見た様子。
路線名駅名ともに企業名に由来するという稀有な例です。
元は立山線(初代)山室駅でしたが1958(昭和33)年4月12日に駅名が不二越駅へ、1969(昭和44)年4月1日に線名が不二越線へと改められました。
現在の駅構内配線は1面1線の至極単純なもの。
駅入口の上には事業所の案内看板にブランド名の”NACHI”(昭和天皇が関西巡幸時に不二越の製品を視察したことを記念してその際に御料艦として使用された巡洋艦「那智」から命名)が大きく掲げられています。
1984(昭和59)年4月1日までは西町方面から軌道線の山室線がすぐそばの不二越駅前電停まで延びていました。

P1000477.jpg
構内を南富山方から見た様子。
かつては相対式ホームを持つ交換駅だったようで右の対面にもう1本の線路とホームがあり、これらの相対式ホームを挟むように左右に貨物側線がありました。
ホームは新しくなって数mほど電鉄富山寄りに移動しているようです。

P1000473.jpg
同じ場所から南富山方を見た様子。
塀や土地の区割りからかつての構内の拡がりが伺えます。

P1000440.jpg
因みに稲荷町に留置されているデキ12021の台車をよく見ると。

P1000438.jpg
ここにもNACHIブランドの軸受が使われています。

●不二越富山本社工場専用線の機関車
・DL1(?)
1952(昭和27)年7月加藤製作所製6.5t機で製番は28883。
標準的な6.5t機でしょうがキャブが広い方か狭い方か不明。
まだわからない点が多い機関車です。
機関車表では1954(昭和29)年12月24日認可で富山地鉄籍DL1となって1965(昭和40)年8月7日に加越能鉄道へ譲渡となっています。因みに加越能へ譲渡されたDL1は1963(昭和38)年富士重製のラッセル車のはずなのでこちらと混同されたものと見られ、DL1と言う番号を実際に取得していたかは確認が取れません。

参考文献:
株式会社不二越Webページ
専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
加藤製作所機関車図鑑(岡本憲之/著 イカロス出版)
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:44:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する