FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
住友セメント富山SS専用線、日本アルコール販売富山保管庫専用線(高山本線西富山駅)
<住友セメント富山SS専用線>
1964(昭和39)年には製鉄所専用線から本線を挟んだ東側に住友セメントのSS(サービスステーション)が開設されています。

作業方法:私有機
作業キロ:0.4km
総延長キロ:0.6km

P1000422.jpg
2番ホーム末端から富山方を見た様子。
左は前回の報国製鉄→新報国製鉄→呉羽製鉄富山工場跡地の住宅地、右のトレインと言う文字が見えるアパートの辺りがかつての住友セメント富山SS跡。

●住友セメント富山SS専用線の機関車
こちらには日通機と別にSS用の私有機がいました。
・301
1959(昭和34)年7月川崎車輌製で製番38。
機関車表には35t機軸配置BBとあるが実際には↓の同型車302を見ての通り15t機軸配置B。
正体は編集長敬白アーカイブの以下の記事に詳細が上げられています。
住友セメント広田SSのこと。
060216.jpg
301と同時製造の302。こちらは磐越西線広田駅の住友大阪セメント広田SS専用線に転じていました。
SSがもう閉まっている時間帯で許可を得る相手も無く敷地外から後ろ姿を撮っただけです(_ _)
現存するものでは和田岬線から分かれる川崎重工兵庫工場にいるスイッチャーに似てるかな?
2006(平成18)年2月16日撮影

・D151
1969(昭和44)年6月日立製作所笠戸工場製15t機で製番13072。
住友セメント松任SSから転属してきた標準的な日立15t機。
専用線廃止後は東新湊の日本高周波鋼業構内鉄道へ移り、さらに日立製作所笠戸工場(山陽本線下松駅)に里帰りして新車の出荷に使われました。
奥野さんの↓の記事で写ってる重連の前の機関車と思われます。
下松情報
下松の機関車は北陸重機の新車に変わったので現在は引退してます。



<日本アルコール販売富山保管庫専用線>
専用線一覧表では1984(昭和59)年版になって出てくる新しい専用線。
現役時代の様子を奥野さんが撮影されてます。
西富山報告

作業方法:国鉄機
作業キロ:0.1km
総延長キロ:0.1km

P1000428.jpg
1番ホーム岐阜方の構内踏切から富山方を見た様子。
右のアパートの場所も貨物側線の跡。

P1000434.jpg
日本アルコール販売の専用線は報国製鉄→新報国製鉄→呉羽製鉄富山工場の専用線の一部を利用していたようです。
この専用線にはスイッチャーはおらず国鉄→JR機が入換を担当していました。

参考文献:
専用線一覧表(日本国有鉄道貨物局)
機関車表 フル・コンプリート版(沖田 祐作・著/ネコ・パブリッシング)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:39:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する