FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日東紡績泊工場専用線(北陸本線泊駅)
北陸本線・・・現在はあいの風とやま鉄道泊駅(北陸本線代替の3社とも名前が長ったらしいので今でも北陸本線と言ってしまう(爆))です。
P1000348.jpg
まずは直江津方の一般貨物側線。保線車の車庫やレール積込み場所に利用されてます。

P1000350.jpg
モーターカーとレール輸送用保線トロも。

P1000351.jpg
直江津から乗って来たえちごトキめき鉄道日本海ひすいラインのET122が泊折り返しで発車。
行く手には親不知の険しい山並みが連なります。

泊駅のある朝日町(1954(昭和29)年に泊町ほか6か村が合併)は穏やかな富山平野の東の端に位置し、その先は親不知の険が日本海に突出しています。
黒部川の豊富な伏流水や安い電力に着目し1934(昭和9)年に泊紡績が設立されました。
工場工事中の1937(昭和12)年10月より一部操業開始、1938(昭和13)年10月に完成、工場全体が操業に入ります。
工場は泊駅のすぐ隣で専用側線も最初からあったのでしょう。
綿紡績工場なので専用線には有蓋車で原綿が到着していたものと思われます。

作業方法:手押し
作業キロ:0.3km
総延長キロ:0.2km

P1000342.jpg
駅の南側に拡がる旧・泊工場・・・現在は日東紡泊事業センター。

しばらくは業績も良かったようですが戦時統制により中小紡績企業は紡錘器100万錘を持つ企業となるように政府から合併を強要されます。
泊紡績は紡績大手で戦前10大紡に数えられた福島県が本拠の日東紡績と1942(昭和17)年1月に合併、同社泊工場となりました。
戦時中は軍需工場とされたり戦災も受けたりもせずに済んだようです。
戦後は1952(昭和27)年に工場を拡張、紡錘器は17,100錘から37.100錘と倍以上に増えます。
1953(昭和28)年当時は従業員569人、敷地面積14,873坪、建坪8,173坪となっていました。

P1000345.jpg
跨線橋上から見た米原側。
側線撤去跡の敷地が多く見られます。構内側線と専用線の境目はわかりませんが左の倉庫方面に延びていたのでしょうか。

P1000343.jpg
現在綿紡績は行っておらずニットービバレッジ株式会社と分社化されペットボトルと清涼飲料水製造を行っています。
ペットボトルは化学繊維、清涼飲料水は黒部の冷たくて豊富な地下水利用と業種は変われどもこの工場の強みを生かした事業が行われているわけですね。

P1000340.jpg
接続列車到着までしばらく時間があるので夕暮れの風景をまったりと。

P1000356.jpg
あいの風とやま鉄道521系が到着。
IRいしかわ鉄道乗入で金沢直通です。

それにしても社名、路線名がややこしい(爆)
親しみを持ってもらおうという意図なのでしょうが地名を装飾する平仮名、片仮名、漢字の表記箇所が覚えられないです(- -)
単純に越後鉄道、富山鉄道、石川鉄道の方が覚え易い気がします。
全部過去存在した鉄道名になっちゃってますが今は存在しないので良いと思うのですが・・・。

参考文献:回顧参拾年(日東紡績株式会社)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:59:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する