FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
越後交通長岡線深沢駅
今度は来迎寺から逆に海側へ分かれていた越後交通長岡線。
来迎寺~寺泊39.2kmの電気鉄道でした。
通常のローカル線は貨物が先に無くなった後に旅客列車も廃止と言う例が多いですがここでは1975(昭和50)年4月1日の旅客営業廃止後も来迎寺~西長岡~越後関原の貨物営業が続けられ部分廃止はあったものの最終的に1995(平成7)年4月1日まで残っていたのが特徴です。
なお来迎寺~西長岡は他区間より貨主客従の強い区間で旅客営業は1972(昭和47)年4月16日に一足早く止めていました。
西長岡~寺泊はちゃんと電車が使われてましたがこの区間では木造二軸客車やモーターを外した電車を貨車の後ろにつなげた貨客混合列車が走っていました。
しかもここでの貨物は有蓋、無蓋車のような一般貨車だけでなく高圧ガス、化成品タンク車に客車が連結されるわけですから何とも異様です。

IMG_20170716_141716.jpg
来迎寺駅を出てすぐ信越本線と分かれて渋海川橋梁へ至る築堤。この区間には水路を渡るガーダー橋も残ってます。
小学生の頃(1992(平成4)年)に家族旅行で新潟へ行くとき「西長岡駅に行きたい!」と希望を出したところ速攻却下(爆)
特急「北越」の車内からこの何ともそそるカーブ築堤(当時はもち現役線路!)と来迎寺駅構内留置の越後交通社車のワラ1だけ見て終わりでした(T T)
四半世紀を経てようやくこの先の区間を見ることに。

IMG_20170716_142852.jpg
渋海川を渡って北東へカーブする場所が1つ目の深沢駅。
奥が来迎寺方。プラットホームや農業倉庫が残ります。
最後の1995(平成7)年4月1日廃止区間ですが末期は全く駅としての機能を果たして無かったようです。
1面2線で左から本線、側線、プラットホーム。
本線側には元々ホームが無かったようで停車列車だけがホームに面した側線へ入っていたということでしょうか。

IMG_20170716_142940.jpg
プラットホームレールと木組みで土盛りを囲った簡素なホーム。

IMG_20170716_143110.jpg
それでもホーム上は舗装されてます。一応肥料などの到着貨物があったらしくホーム上に倉庫も建っていたようです。

IMG_20170716_143106.jpg
架線柱の台座と架線柱を囲っていたガードのアングルが残ってます。
作業中の車が架線柱に引っ掛けて破損、倒壊してしまうのを防ぐために設置したのでしょう。
かつてはトラックなどがホームに横付けして荷物を積み替えることが多かったのでしょうか。

IMG_20170716_143045.jpg
元の駅前は広場や床屋さんがあって意外と駅前らしい風情が感じられます。

IMG_20170716_143136.jpg
もうぼろぼろですが農業倉庫も。

IMG_20170716_142901.jpg
西長岡方の踏切に残っていた標示板。
錆びの濃さの違いから「ふみきりちゅうい」と書いてあったのではないかと推定。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 00:12:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する