FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本重化学工業小国事業所専用線(米坂線小国駅)~その2~
日本重化学工業小国事業所専用線の続き~。

P1000125.jpg
3番線から米沢方を見た様子。
引上げ線は撤去済み、専用線部分にもレールはありませんが・・・。

P1000124.jpg
駅構内と工場の間を流れる水路の開渠にコンクリート製の橋桁が残ってます。
手前の桁は車庫線や機回り線などにつながっていたようです。
もう1本奥にある橋桁は引上げ線から分岐し工場奥の方へ入って中で行き止まり式になっていた線路の跡。

P1000121.jpg
その延長線上の工場看板のところも専用線跡。
工場が広いので側線の総延長キロの内殆んどは一般の目に触れない工場内に敷かれていました。

P1000139.jpg
小国発車直後車内から撮影した転車台。米坂線貨物全盛時9600をここで回していたのでしょう。
9600時代の米坂線の画像、映像は結構撮影されていますが後ろにつながっている貨車を見るとごく一般的な雑多な貨車の混成でフェロアロイ輸送用に独特の私有貨車があったわけでも無かったようです。
因みにDL化後の貨物牽引機は東新潟区のDE10辺りと思われるのですが全く写真が見当たりませんね(^ ^;)
専用線、米坂線貨物は1985(昭和60)年頃まであったようです。

<専用線の機関車>
珍しく蒸気機関車の私有機から存在しており国鉄、私鉄中古のタンク機関車がいました。
米坂線本線よりも早く昭和30年代にはDLに置き換えられています。
1.蒸気機関車
●1
1898(明治31)年英Beyer Peacock製C型タンク機。
東武鉄道開業時に用意された記念すべき1号機ですが1939(昭和14)年に日本電興へ払い下げ。
2128号に置き換えられたのか1950(昭和25)年7月には廃車されてます。

●2128
1902(明治35)年官設鉄道神戸工場製の国産B6。
2120形2128号を1949(昭和24)年に払い下げられたもの。
1958(昭和33)年7月に廃車されています。(DB2301導入による置換え?)

●C353
1929(昭和4)年日立製作所笠戸工場製C型タンク機。
元・津軽鉄道C353で1953(昭和28)年に一旦日本曹達二本木工場へ譲渡されたものの同年中に日本電興小国へ再譲渡。
1962(昭和37)年に廃車されているのでDC2501と置き換えられたものと思われます。

2.ディーゼル機関車
●DC2301
23tDL。製造所など一切不明。

●DC2501→DC251?
1962(昭和37)年新潟鐵工所製の25tDL。
番号は機関車表ではDC2501、鉄道番外録1ではDC251となっています。(改番?)
この機関車も写真は見付けられてませんが参考までに新潟鉄工所が同年に製造した同じC型の25tDLの例を↓に上げます。
神奈川臨海鉄道塩浜(貨)にいたシムラ興業No.2

参考文献:
日本重化学工業株式会社Webサイト
運転関係線路図(日本国有鉄道新潟支社)
機関車表フル・コンプリート版(沖田 祐作/編 ネコ・パブリッシング)
鉄道番外録1(岩堀 春夫/著 ないねん出版)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 20:44:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する