■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
相模興業本社工場専用線(相模線厚木駅)
戦時中に宮代砂利が砂利を採取、終戦前後で採取許可が期限切れになって戦後は進駐軍が厚木基地の改修用の砂利を直営で掘ったり撚糸工場ができたりしてましたが1949(昭和24)年2月28日に相模興業が進出。
「相模興業50年史(相模興業)」には1950(昭和25)年10月31日に専用線積込み設備建設とあります。

専用線一覧1951(昭和26)年版では以下のようにあります。
契約相手方:相模興業株式会社、大蔵省
第三者使用:小田急電鉄株式会社
作業方法:国鉄機
作業キロ:0.5km
1953(昭和28)年版以降は契約相手方から大蔵省が外れますが記事欄に「大蔵省線」、「大蔵省所管」の記載があります。

旧軍、進駐軍関連の専用線は大蔵省管理になっていることが多いです。
この専用線も厚木基地の砂利を掘っていたことと関連して大蔵省の名前が残っていたものと思われます。

DSC_0329_2017062923381585f.jpg
厚木駅茅ヶ崎方の踏切に残る分岐跡。
専用線の跡なのか安全側線跡なのかは不明。
厚木駅はその歴史からか奇妙な線路配置になっています。
元々相対式2面2線だった旅客ホームは1面1線に変わり列車交換ができないのですが、橋本寄りの旧貨物駅部分で列車交換できるようになっています。

DSC_0328_201706292338146e1.jpg
踏切から反対を見ると葬儀屋さんが専用線跡。右に見えるマンションも専用線跡のカーブに沿って建てられたため弧を描いています。

IMG_3062.jpg
マンション右の葬儀屋さん駐車場がカーブした専用線敷地をそのまま利用。
専用線は中新田市街道交差点を横断して相模興業本社工場へ入っていました。
今回は工事中でゴチャゴチャしてたので2009(平成21)年3月撮影の画像を載せます。

IMG_3008.jpg
人の森(元・相模興業)本社。現在は背後に橋脚が見えている圏央道が完成、開通しています。

相模興業50年史ではこの専用線に入線しているホキの車列が写ってました。
車番まで見えませんでしたが東鉄局の「東」マークが入った北海道石炭車タイプでした。ホキ400形辺りかな?

当専用線発の貨車の着駅は相模興業の大型ホッパーがあった飯田町や小田急の東北沢と思われます。
専用線は1970(昭和45)年10月1日廃止とのことですが相模川の砂利採取は1964(昭和39)年4月1日に全面禁止となっているので廃止日より前に貨車の発着は無くなっていたものと思われます。
なお厚木の専用線廃止と同じ日に飯田町のホッパービンも廃止になったそうです。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:45:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ