FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
座間の砂利軌道~その7(相模興業専用道路転用区間~四ツ谷、新田宿採取所)~

DSC_0303_20170622220502279.jpg
再び住宅地の舗装道路になります。
複線が敷かれてただけあってか不自然に広い道路となっています。

DSC_0305_20170622220431b9a.jpg
道路が未舗装になるとく並走してきた四ツ谷軌道と、新田宿軌道の分岐点、四ツ谷軌道は直進してから左方向へ、新田宿軌道は右へ直角に曲がって相模川の旧堤防に沿って上流へ向かっていました。
正面の軽トラがいる場所が旧堤防。画像では高低差がごとんど見られず実感がありませんね~現地で見てもかなりこじんまりとした堤防です。

DSC_0306_20170622220433f99.jpg
四ツ谷軌道は旧堤を越えて直進する路線が描かれていたり左へカーブして下流へ向かう線路が描かれて居たりします。
砂利採取の作業場所が移動することで線路も敷き直されていたものと思われます。

DSC_0307_20170622220434ea2.jpg
新田宿軌道の跡。旧堤上に線路を敷きそうなものですが地形図を見ると線路は堤防に沿って敷かれており、この画像では左側に線路があったようですが実際のところは不明。

DSC_0309_20170622220436dce.jpg
旧堤防はここまででこの先は新田宿の採取所まで特に何の変哲もない2車線道路(交通量があり幅も狭いので危ない- -;)と河原があるだけ。

DSC_0310_20170622220437916.jpg
採取所そばのグランドの名前「新田宿グランド」に名残があるくらいでしょうか。

IMG_4262.jpg
砂利採取所で活躍していた採取船の模型~。
この模型画像はリンク先の奥野君の専用線日記の奥野さんの作品を撮影させて貰ったものです。
相模川では砂利採取最盛期の1956(昭和31)年時点でこのような採取船が29隻いたそうです。
河床の砂利を掘ってはナベトロやダンプカーへ積み込んでいました。
木造の平底船に櫓を載せて河床の砂利を掘っては運び上げるコンベアを設置しています。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

ナローゲージ | 22:53:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する