FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
鉄コレ10弾改造~
長らく放ったらかしにしてましたがブログ再開します。

ということでトミーテックの鉄道コレクション第10弾を改造した車輛を紹介します。
元の車両についての解説はトミーテックのサイトや多くのブログで紹介されているのでここでは省略します。
鉄コレ10弾改造気動車
鉄コレ10弾は国鉄キハ04(旧形式キハ41000)と湘南顔気動車3種があります。
そのうちキハ04(キハ05、06も同系列なので含めます)は私鉄に払い下げられた車輛が無数に存在するだけでなく、国鉄の設計を流用して同型車を自社で発注したものも多数存在します。
さらにキハ41000を短縮したスタイルのキハ40000もあるため改造ネタとしては格好の素材!もう何から作ろうか迷ってしまいます(笑)

まずは身近な路線やお気に入りの路線から選択していくことにします
北丹鉄道キハ10 1
●北丹鉄道キハ10 1
1971(昭和46)年まで京都府の福知山~河守(こうもり)間12.4kmを結んでいた小私鉄の気動車です。キハ10 1は1965(昭和40)年にキハ04 28の払い下げを受けた車輛です。後にもう1台キハ04 22を譲り受けてこちらはキハ10 2になっています。
改造元は鉄道コレクション第10弾専用ケースに付属していた無塗装のキハ04。
改造点は2つだけ
 ・前面床下に砂箱(?)のケースを追加(プラ板で製作)
 ・屋根上にタイフォン追加(GMのキニ05キットに付属の物を加工)
この鉄道は僕の母方の祖父が何度か乗ったことがあると聞いて興味を持ちました。僕の母の実家は丹後ちりめんを作っていたため、祖父が北丹鉄道沿線の養蚕農家へ原料調達の商談に出かけてました。

江若鉄道キハ14
●江若鉄道キハ14
1969(昭和44)年まで滋賀県琵琶湖西岸の浜大津~近江今津間51.0kmを走っていた鉄道の気動車です。国鉄湖西線建設に伴い廃止になったことで知られています。
昭和20年代にキハ41000の払い下げを受けており、C14型キハ14~17の4両が在籍していました。キハ14は元キハ41014です。
北陸鉄道キハ5201を元に製作。改造点は前照灯、尾灯の位置を変更した程度です。
自分が生まれる前に廃止された鉄道の中で最も乗って見たかった路線。学生時代は滋賀県に通っていたこともあって親近感もあります。

北陸鉄道キハ5212
●北陸鉄道キハ5212
1972(昭和47)年まで石川県の羽咋~三明(さんみょう)間25.5kmを結んでいた北陸鉄道能登線で使われていました。
キハ5210型5211~5213は遠州鉄道キハ800型801~803を譲り受けたものです。
というわけで鉄コレ10弾にもラインナップされている遠州鉄道キハ801を元に製作・・・といっても塗装を変えただけの超お手軽車(^ ^;)
同じ路線のキハ5200型5201は鉄コレ10弾に選出されました。キハ5201に比べ、キハ5210型は国鉄キハ04と見た目がほとんど変わらず特徴が薄かったからでしょうか。

北陸鉄道キハ5151
北陸鉄道キハ5151
キハ5212と同じ能登線の気動車で元キハ40014。
改造元はキハ5201。
見ての通り4台の中で一番大きく改造したものなんで主な改造点だけ
 ・車体短縮
 ・バケット追加(江若改造で余った分を使用)
 ・尾灯位置変更
 ・バケット内張り板追加
 ・動力化(鉄コレ12m級動力を使用、床下機器はGMキニ05のをテキトーに流用)
このクルマだけ動力化してます。台車間距離が近過ぎるのですが、まあそれくらいはいいか~(こんなときはアバウト)
元石川県人としては北鉄こと北陸鉄道は外せませんね~♪

今もまだ改造用の在庫が数台分残ってます。次は三岐鉄道キハ81、北丹鉄道キハ10 2辺りかな?

トミーテック 鉄道コレクション 第10弾 (単品)トミーテック 鉄道コレクション 第10弾 (単品)
()
不明

商品詳細を見る

キハ41000とその一族〈上〉 (RM LIBRARY(1))キハ41000とその一族〈上〉 (RM LIBRARY(1))
(1999/07)
岡田 誠一

商品詳細を見る

キハ41000とその一族〈下〉 (RM LIBRARY(2))キハ41000とその一族〈下〉 (RM LIBRARY(2))
(1999/09)
岡田 誠一

商品詳細を見る
スポンサーサイト





テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | 22:55:33 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
鉄コレ キハ04について
数少ないNゲージの国鉄キハ04ですが、戦前モデルでありながら車体にリベットがモールドされていないのがちょっと悲しいです。戦前製車両のモデルでは車体にリベットがモールドされているのとないのとでは(初めからリベットレスや更新のため失われたタイプならば仕方がないですが)価値観に大きな差が出ると思います。最近、Amazon通販サイトにて江若鉄道のキニ9+キハ14のセットをオーダーしました。キハ14はご他聞に漏れずのっぺりとした車体ですがキニの方は事前にブログ画像で確認したリベット付き車体が一番嬉しいポイントです。私はNゲージ再開10年を迎えましたが特に昭和20年代までのタイプを中心に導入しています。私は昭和40年代生まれながら戦後すぐの車両を楽しむ機会が薄くなりつつあり、現実の世界から消えても模型なら手軽に往時を再現できるからです。かつては鉄道史上を飾った名車までも簡単にスクラップされてしまう中で私のように昭和前半までの旧型車両に強い感心を抱いている方がいらっしゃることは輝かしいことでございます。
2019-08-23 金 00:03:56 | URL | Tちゃん [編集]
模型と保存車
Tちゃんさん、はじめまして。
最近は実車の塗装や整備の方に移ってしまい模型はここ数年新作無しです。
触ってる模型が1/150から1/1になったとも言えるかも。

リベット無しの場合表面が物足りないと感じる反面マスキングがし易いので素人でも塗り分けが綺麗に出せるという利点はありました。
リベットがあるとそこから塗料が吹き込んだり垂れたりともろに初心者だったもので(^ ^;)
鉄コレのキハ04は前面の窓桟が印刷で市販のままだと貧弱に見えましたがここに自分で筆入れすると実感的な太さになってあの値段で手に入るものとしてはなかなか良かったと思います。
安価で譲渡車ネタも豊富と改造素材として最適だったと思います。

実際の鉄道車両保存に携わっていると大量生産の規格品というものは一度製造されなくなると維持、復元が非常に難しいことを感じます。
しかもこのような規格品は一品物の工芸品と違って世間の関心を集めにくいため余計に難易度が上がります。
触っているのがナローの車両や貨車なのでまだ良い方ですが大型の電車や気動車となると考えただけでも大変そう・・・定期列車運行業務が最優先の鉄道会社に企業努力だけで保存して貰うには無理がある代物だと思います。
従来の鉄道会社が動態、静態で保存するのとは別の仕組みが必要でしょうね。
その点イギリスやドイツなどの民間、政府の文化財保存(鉄道に限りません)に対する姿勢と比べると日本は文化的には後進国なのだなと感じています。
2019-08-24 土 00:01:32 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する