■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
東野鉄道箒川橋梁跡
那珂川清流鉄道~番外編 最寄りの鉄道跡~
那珂川清流鉄道保存会の最寄り駅は烏山ですが、それより近い駅がありました。
東野鉄道那須小川駅(現在の那珂川町立小川中学校の位置)です。

東野鉄道は1918(大正7)年に西那須野~黒羽13.1kmが開業、常陸大子を目指し延伸を進め1924(大正13)年黒羽~那須小川11.3kmを延伸しています。
間には那珂川の支流箒川を跨ぐ長大橋梁がありました。
那須小川より先の工事は進まず黒羽~那須小川の区間は存在意義が薄れてしまい、箒川橋梁も1938(昭和13)年夏の水害で破損、何とか復旧させたものの1939(昭和14)年6月1日に廃止されています。

DSC_1565 (37)
那須小川駅から延びる廃線跡の道を北へ進むと国道294号線バイパスができておりそのまま箒川を渡ります。
新箒橋 橋長179.5m、幅14.5m5連桁の橋で今年2月26日に開通したそうな。
廃線跡は一足間に合わず潰されてしまったのか?(・ ・;)

DSC_1565 (38)
反対側は箒川の広い河川敷に山科の大カーブのような巨大築堤。

DSC_1565 (40)
すぐ横に那須小川方(右岸)橋台が残ってました!
右岸は切り立った崖になっており両岸の高低差が大きいです。
鉄道現役時は那須小川方に掘割区間を設け橋高を抑えていたようですが今は畑になって埋められています。
それにしても橋台の幅が広く2車線道路の橋梁跡かと思えそうなほど。
架かっていたのはトラス桁だったのでしょうか。
ごつい橋梁ですが2軸ガソリンカーか蒸機の貨客混合列車程度しか走ってないはず。

DSC_1565 (39)
箒川の流れの中に残る橋脚基部。

DSC_1565 (42)
西那須野方(左岸)の橋台・・・ひょっとすると左岸河川敷区間は築堤になっていてこの橋台は架道橋の橋台に過ぎないのかも知れませんが。

DSC_1565 (46)
橋台の下まで行って見ました。
こちらは標準的な単線鉄道幅、載せられる桁の厚みを考えるとIビーム桁が架かっていたのか。

DSC_1565 (43)
箒川橋梁跡から箒川沿いに那須の山々へ延びる高圧線鉄塔の列が見事だったのでつい一枚。

東野鉄道西那須野~黒羽は1968(昭和43)年12月16日廃止まで残ります。
地味な鉄道ながら蒸機は朴訥な坂東武者と言う感じのボールドウィン1,2号機(元・播但L2→山陽→国鉄200)が昭和30年代まで生き残り、非電化私鉄では有り勝ちな元国鉄キハ04のほかキハ04の側面にキハ07の前面を持つ旧・五日市鉄道のキハ501や津軽鉄道からやって来た箱型ロッド駆動ディーゼル機関車DC20などアヤシゲな車両がいました。
toya-dc501.gif
キハ501 1936(昭和11)年新潟鉄工所製 五日市キハ501→南武→国鉄→東野

toya-dc201.gif
DC201 1952(昭和27)年新潟鐵工所製20t機 津軽DC201→東野
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

廃線跡(一般鉄道) | 22:12:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ