FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
那珂川の長野営林局上松運輸営林署No.133
一般で目にすることができる唯一の動態の酒井C4。
今回は動いてるところは見られませんでしたがまた見に行きたいところですね。

長野営林局上松運輸営林署No.133
製造:酒井工作所
購入年:1961(昭和36)年
自 重:10t
局形式:DBT10

王滝、小川森林鉄道1級線で活躍した最大級の10tディーゼル機関車。
トルクコンバータ装備なので局型式は国鉄形式と同じDBにTが付加されてます。
局形式よりは酒井工作所のメーカー形式C4の方が知られています。

DSC_1404_201705182148348de.jpg
キャブフォワード型なので前位(上松方)は湘南フェイスのこちら側。
運転席もこちらを向いています。
現在の塗装はC4現役時に近いですが本来は端梁が真っ黒なのでライトなイメージに。
なお現役末期のNo.133はクリーム部分をグレーに塗って異彩を放っていました。

DSC_1407.jpg
那珂川では向かって左一灯だった尾灯がなぜか右側にも増設されています。
No.133は1975(昭和50)年5月30日の王滝森林鉄道「さようなら林鉄」記念式典でボールドウィン1号機と重連でB客3両を牽いて上松~田島を往復。最後に鬼淵鉄橋を渡り上松構内へ入線するときはボールドウィンを先頭にして王滝本線の最後を飾りました。
なお廃車時期は王滝本線廃止時なのか翌年の鯎川線廃止時なのかは分かりません。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 22:29:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する