■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
住友大阪セメント岐阜工場専用線(樽見鉄道本巣駅)~その4~
専用線廃止前のスイッチャー。

画像 022
D101(車籍:樽見鉄道)
1962(昭和37)年日立製作所製45t機、製番12727。
冬場は過冷却防止のためかラジエター前にシートが掛けられていました。
走行中はキャブ上のオレンジ回転灯が回っていました。

IMG_0699.jpg
D102(車籍:樽見鉄道)
1962(昭和37)年日立製作所製35t機、製番12732。
D101とよく似てますがサイズは一回り小さく、前面窓のスタイルも異なっています。
あまり調子が良い機関車ではなかったようで入換中に急に止まってD101に工場内へ引き込まれて行ったのを見たことも(^ ^;)

db91-020413-2.jpg
無番機
1964(昭和39)年日立製作所製15t機、製番12775。
元は近畿日本鉄道養老線東方貨物駅分岐の住友セメント桑名SS専用線D101。
近畿日本鉄道の車籍ではDB91形DB91号となっていました。

001_20120924212854.jpg
D-152(奥に見える機関車)
1969(昭和44)年日立製作所製15t機、製番13097。
元は高山本線飛騨一ノ宮駅分岐の住友セメント飛騨一宮SS専用線で使われていました。
無番機と同タイプですが曲線が少ない直線的なスタイルに変わっています。

この他、無番機と同型のD103 1963(昭和38)年日立製15t機、製番12749がいたそうですが一度も見たことがありません。

初期にいた川崎重工業製の101,102は田村に転じた姿をリンク先の奥野さんが撮影されています。
奥野君の専用線日記大越報告(1993年7月25日)
101
1959(昭和34)年川崎重工業製35t機、製番41。
102
1959(昭和34)年川崎重工業製35t機、製番42。

番外編
IMG_1982.jpg
保線用に樽見鉄道が所有していたものだったようですが実のところは不明のまま。
1981(昭和56)年富士重工製16t機、製番2。
東海道本線稲沢駅の昭和シェル専用線から転属。見た目は除雪、保線用モーターカーTMC300そのものです。
入換業務は昭和シェル系列の平和汽船が行っていたようで内陸部の稲沢で何故に汽船と書いてあるのか不思議に思ったもの。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 23:40:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ