■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
麒麟麦酒栃木工場専用線(烏山線仁井田駅)~その1~
烏山線から分かれていた専用線。
1979(昭和54)年4月に操業開始した麒麟麦酒栃木工場からのビールの出荷に使われました。

作業キロ:国鉄機1.0km、烏山通運機0.5km
総延長キロ:3.6km
作業方法:国鉄機、烏山通運機

麒麟麦酒栃木工場は1979(昭和54)年4月に操業開始。
専用線は操業開始に間に合わず遅れて7月から運輸開始、ビール輸送用のワム80000形584000、585000番台車が入線していたようです。
専用線はあまり長く使われず、開業から5年も経たない1984(昭和59)年2月改正で使用停止になりますが宇都宮貨物ターミナル利用でその後も鉄道貨物による製品輸送を行っていたようです。
しかしビール需要の減少や合理化で工場の統廃合が行われた結果栃木工場は2010(平成22)年10月で閉鎖、プラントは取手工場に移されたそうです。

DSC_1565 (65)
現在の仁井田駅舎。
無人駅ですが北隣に栃木県立高根沢高校があり学生の利用が多いです。

DSC_1565 (63)
ホームから烏山方を見た様子。構内は1面1線のみだが烏山方でレールが交換駅のように曲がっているのが見えます。
かつて麒麟麦酒専用線があった頃は左に貨物側線がありました。
1947(昭和22)年の航空写真では向かいにもホームらしきものが見え旅客列車同士の交換もできたようだが1961(昭和36)年ではホームが無くなっているようにも見えます。

DSC_1565 (66)
宝積寺寄りの一般貨物扱いの側線跡。車止めに名残があります。
一般貨物扱いは麒麟麦酒専用線ができた頃には無くなっていたようです。
キリンビール専用線ができる前の烏山線一般貨物は宇都宮機関区のDD13が牽引しており、ビール列車は同機関区DE10重連による牽引だったとか。

DSC_1565 (69)
一般貨物側線の横には立派な石積み倉庫が並びかつての貨物の賑わいを彷彿とさせます。

DSC_1565 (72)
宝積寺方から構内を見た様子。こちらもレールが曲がっており、右には安全側線跡らしき線路式の拡がりがあります。
上り出発信号機か入換信号機の台座らしきコンクリートの土台もありました。
専用線はここから本線上を宝積寺方へを600mほど行ったところで分岐します。

DSC_1565 (75)
中央に専用線の安全側線にあった線路終端標識が見えてます。その右付近で烏山線から左へ専用線が分岐、中央の草地を烏山線と並行して続いていました。
中央から左の木立に囲まれた広大な敷地がキリンビール栃木工場跡。
7年前まで現役だった工場ですが2017(平成29)年5月現在は更地になって何も残っていない様子。

DSC_1565 (77)
専用線安全側線の線路終端標識。行灯式の立派なものですが夜間の運転もあった・・・又は想定されていたのでしょうか?

DSC_1565 (83)
線路2本分の敷地がありますが実際専用線として使われたのは北側・・・柵の右側の敷地だけ。
授受線を2本敷く計画が建設時には縮小されて1本になってしまったのでしょうかね。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 00:36:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ