FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
興服産業(興和冷蔵)専用線(名鉄名古屋本線堀田駅)~その1~
地上時代の堀田駅から北側に延びていた専用線です。
戦前は紡績、織布工場で原綿や製品の糸、綿布を輸送していたものと思われます。入線していた貨車は有蓋貨車でしょうか。
戦後は冷蔵会社で氷や冷蔵、冷凍食品を扱っていたので白い冷蔵車が入っていたものと思われます。
構内まで電化され愛知電気鉄道→名古屋鉄道の電気機関車が入換を行っていたようです。
作業キロ:0.2km
作業方法:社機


昭和30年代の堀田駅周辺の線路配置を現在の地図に上書き。
色別に名鉄線興服産業専用線名古屋市電としてます。

●紡績工場の専用線
1894(明治27)年に綿布問屋服部兼三郎商店が創業。
1917(大正6)年4月にはそれまでの織布に加え紡績に進出するため熱田工場を完成させますが第一次世界大戦の影響でアメリカから紡機1万錐が届かず操業開始は1919(大正8)年にずれ込みました。
その後紡機19,600錘、織機1,212台、従業員3,000人の大型紡績工場として操業しています。
一方で名鉄名古屋本線の前身の愛知電気鉄道有松線は服部商店熱田工場完成と同時期の1917(大正6年)3月に神宮前~本笠寺が開通していましたが当時は工場の横を通過するだけで駅はありませんでした。
1927(昭和2)年4月17日に工場東側の堀田通に名古屋市電が開通、工場の前に終点の堀田(1932(昭和7)年に堀田駅前に変更)電停が置かれました。翌1928(昭和3)年4月16日には愛電の堀田駅が開業しています。
服部商店専用線が敷かれたのはこの頃と思われますが正確な時期は不明です。
堀田駅は貨物駅としての役割が大きく大型の上屋付き貨物ホームや貨物側線も敷かれました。

DSC_1332_201704242309501fc.jpg
堀田駅北側の服部商店→興亜紡績熱田工場跡。現在はホームセンターや市営住宅が建ち並ぶ。

●紡績工場の戦災焼失
1939(昭和14)年には服部商店の商事部門と紡績部門が分社化、短期間に社名が目まぐるしく変わりますが1943(昭和18)年時点で商事部門は興服産業株式会社、紡績部門は興亜紡績となっていました。
既に太平洋戦争の最中で同年に熱田工場は他の工場と共に中島飛行機(現・SUBARU)へ貸与され錘機、織機は金属として供出、航空機部品の工場にされました。米軍戦略爆撃調査団の記録によれば生産額が低くあまり重要でない工場とされており軍需工場としては稼働率が低かったようです。
そんな中1945(昭和20)年に空襲(興和百年社史では6月、米軍戦略爆撃調査団の記録では5月)で熱田工場は焼失、中島飛行機から焼跡を返還され終戦を迎えます。

DSC_1338.jpg
堀田駅に多くの貨車が出入りしたのは既に半世紀前。
現在は高架2面4線の中央に本線があり、名鉄ファンにとっては手頃に編成写真が撮れる撮影スポットとしても知られる。

●冷蔵倉庫として復活
敗戦により紡績部門は社名を興和紡績と変え他の返還された工場は元の工場へと復旧が進められました。
一方で被害が大きかった熱田工場は復旧されず焼け残った冷蔵倉庫を使って興和紡績、興服産業の役員個人名義で1950(昭和25)年2月20日に堀田冷蔵株式会社を設立し冷蔵食品保管や製氷を行います。
1957(昭和32)年2月22日に興和冷蔵株式会社に改組し興和紡績52%、興服産業48%の持ち株比率としました。
専用線の専用者は興服産業の名義でしたがこの冷蔵倉庫に出入りする貨物を扱っていたものと思われます。

mei-freight20.png
デキ401と冷蔵貨車で最もメジャーなレ12000形の編成。
名鉄線内で冷蔵車と言うと朝鮮戦争の頃築港線にいた米軍所有車の写真しか見たことがないが堀田駅でもこんな姿が見られたのだろうか。

●堀田駅の貨物扱いと専用線の廃止
昭和30年代、名古屋本線は運転本数も多く、さらに側線や専用線に出入りする貨車の入換は堀田通の踏切を塞ぎ開かずの踏切化していたことでしょう。堀田駅付近は名鉄全線の内でも早い時期の1968(昭和43)~1969(昭和44)年にかけて高架化されました。
その直前の1965(昭和40)年度には堀田駅での貨物取扱いも廃止されています。
興服産業専用線も専用線一覧表1964(昭和39)年版を最後に姿を消しており、同時期に廃止されたものと思われます。

参考文献:
興和株式会社ホームページ
興和紡株式会社ホームページ
興和百年社史(興和紡績)
写真集興和のあゆみ(興和紡績)
専用線一覧表(日本国有鉄道)
名古屋市爆撃の効果(アメリカ合衆国戦略爆撃調査団/著、名古屋市鶴舞図書館/訳)
名古屋鉄道百年史(名古屋鉄道広報宣伝部/編)
鉄道ピクトリアル2009年3月臨時増刊号【特集】名古屋鉄道(電気車研究会)

スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 18:30:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する