■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名鉄三河線大浜口駅
1914(大正3)年2月5日に三河鉄道が大浜港駅(現・碧南駅)まで延び、その翌1915(大正4)年11月29日大浜口駅まで0.4㎞の臨港線が開業しています。大浜口駅は碧南駅からすぐの源氏橋付近にあったとのこと。
陶器や鋳物産業の燃料となる石炭や日用品などを輸送する舟と貨車を連絡させていましたが貨物取扱量の減少から1946(昭和21)年8月1日に廃線となっています。
廃線と言うよりは短距離なので合理化のため大浜港駅構内扱いとしたもののようです。
実際三河鉄道時代の1926(大正15)年9月1日に大浜港~神谷(後の松木島)が開業すると臨港線の大部分が本線となり、そこからちょっと分かれるだけになっていたものと思われます。大浜港~大浜口支線分岐点までは本線と臨港線の2重戸籍になっていたのでしょうか。
実際にいつレールが撤去されたかはわかりません(航空写真でも側線の有無が判別できない)が、中小港での貨物取扱いが大規模港湾に統合され消えて行ったものと思われます。

DSC_1181.jpg
本線だった碧南~吉良吉田間さえ廃止されてしまい行き止まりとなっている吉良吉田、大浜口方から碧南駅構内を見た様子。
車止めのある2線がかつての本線。
かつての駅名はこちらが「大浜港」駅で舟と連絡してた臨港線の駅の方が「大浜口」駅であり一般的なイメージと逆のネーミングなため何ともややこしい(^ ^;)

DSC_1178_201704162142107ff.jpg
暫くはレールが撤去されただけの路盤でカーブしながら続き・・・。

DSC_1174.jpg
源氏橋西交差点を越えたところ。奥にはまだ碧南駅が見えてます。

DSC_1152.jpg
源氏橋西交差点より南は碧南レールパークという三河線をテーマにした遊歩道となっています。
この場所で西側に分岐し運河に突き当たり行き止まりとなる側線が大浜口駅だったそうで。
ここには大浜口駅をイメージさせるためか分岐の模様や転轍標識なども置かれ、詳細な説明板まであります。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名鉄 | 19:41:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ