FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名鉄三河線碧南駅 貨物の面影
現在三河線海線側の終着駅となっている碧南駅。
1954(昭和29)年に現駅名となるまでは大浜港駅と名乗っており三河湾の舟運との連携による貨物扱いも盛んでした。
三河線海線は1977(昭和52)年5月25日に衣浦臨海鉄道碧南線が開業すると貨物はそちらに移されて旅客専業となっています。

DSC_1146_20170415210827ad5.jpg
運転扱い以外は無人化されてしまい改札口に駅員さんの姿はありません。
碧南市の中心市街地は一つ刈谷寄りの碧南中央駅の方に移っており駅前はガランとしてます。

DSC_1193.jpg
中に入るとかつての駅務室前にリヤカーがそのままになっています。
左にはタブレット扱い所の出っ張りもあります。
到着貨物があると駅員さんがカラカラと戸を開けてリヤカーを押してホームへ向かったのでしょうね。
当時のまま時間が止まっているのかのようなこの情景、そのまま保存したいくらいですね。

rearcar.jpg
リヤカーって引くものでは?と言われそうですが空荷や軽い荷物の場合こんな風に押してるのをよく見かけた気がします。
引っ張ると後ろが死角になってホーム上でお客さんを引っ掛ける危険があるからでしょうか?
実際僕も自転車通学中に曲がって来たリヤカーとすれ違いざまに引っ掛けられたことがあります(^ ^;)

DSC_1196.jpg
貨物側線はそのまま留置線として使われており線路は案外に残っています。
駅裏は鋳物工場。専用線はなかったようですがかつては一般貨物で原料の入荷や製品を出荷していたのでしょうか。

IMG_3445.jpg
非電化にされていた碧南~吉良吉田が2004(平成16)年3月31日に廃止される前は側線にディーゼルカーの給油設備がありました。
2004(平成16)年3月16日撮影

DSC_1151.jpg
左(東)には倉庫も3棟残っています。駐車場になっているスペースは貨物の積替えで賑わっていたのでしょうか。

DSC_1148.jpg
三河線沿線は三州瓦を始め土管など陶器産業が盛ん。陶磁器輸送用の貨車ポム1形などがよく見られたそうです。
奥には倉庫も並び・・・。

IMG_3499.jpg
こんな貨物列車が現れそうな雰囲気。
2006(平成18)年5月3日 瀬戸線喜多山駅で撮影

IMG_3481.jpg
ポムは積載した陶磁器が割れないようワムの車内に区分棚を設けただけで外観はあまり変わらないのでここでは似合いそうです。
ポム1形は倉庫として利用されたものが1両だけ東海市内に現存するらしいですが場所を知らないので未見。
2006(平成18)年5月3日 瀬戸線喜多山駅で撮影

DSC_1150.jpg
実際には現在現れる列車は6000系ばかりです。
以前は名鉄支線区も現れる車種にバリエーションがありましたがいつの間にか線区別に使われる車種が固定化されてしまいました。うちの近所の路線も朝ラッシュ時以外6800しか来ないです。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

私鉄貨物 | 22:43:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する