FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
日本鉱業峰之沢鉱山インクライン跡~その1~
天竜川ほとりの旧・峰之沢鉱山。
1969(昭和44)年まで日本鉱業(現・JX金属)が銅鉱石を採掘していました。
現在は浜松市に合併して天竜区龍山町ですが以前は静岡県磐田郡龍山村でした。
1907(明治40)年に日鉱の前身・久原鉱業が当鉱区を買い取ってから本格的な開発が始まったと言います。
天竜川から急傾斜で切り立った斜面上にある鉱山からインクラインで川港に降ろされた鉱石は川船に載せられ、東海道本線天竜川橋梁の川下まで運ばれて貨車へ積み替え、天竜川駅から河原まで延びた貨物側線を経由し発送されていました。

河原の天竜川貨物駅の明治、大正期は中部(なかっぺ・・・飯田線中部天竜駅そばの発電所に新聞紙の製紙工場があった)や気田にあった王子製紙からの紙輸送、木材輸送、久根・峰之沢鉱山からの鉱石輸送など水陸連絡で大いに賑わっていたようです。

峰之沢~天竜川駅の鉱石船舶輸送は電源開発(現・J-POWER)秋葉ダム(1954(昭和29)年着工、1958(昭和33)年完成)が建設され天竜川本流が締め切られたため、その後は東海道本線より近くを走る二俣線(現・天竜浜名湖鉄道天浜線)天竜二俣駅までトラック輸送し貨車へ積替えるようになったようです。
DSC_0016_20170406225457bf8.jpg
峰之沢鉱山下流の秋葉ダム

山の中腹に鉱山住宅が残っており廃墟ファンに有名なようですがそっちは立入禁止です。
それより下のインクラインは斜面に跡が見られます。
インクラは鉱石輸送だけでなく鉱山町から住民が舟やバスに乗るため川と行き来するのにも使われていたようです。

DSC_0017_20170406225458463.jpg
国道152号線を秋葉ダムから遡り以前乗った遠州鉄道バス北遠本線龍山青谷バス停の真ん前まで。
バス停併設で青谷ポケットパークと言う休憩施設やトイレもあり2,3台程度止められる小駐車場もあります。
そこから対岸を見ると山林に急斜面を直登するインクラのラインがくっきり。

DSC_0020_201704062255005db.jpg
峰之沢橋で対岸(左岸)へ。上流側は村の中心だった瀬尻地区。
この辺は山が川に急角度で落ち込むため集落や茶畑が斜面に立体的に存在します。
近くの東京営林局水窪営林署瀬尻森林鉄道も川からインクラで上ったところから機関車運材を行う平坦線が始まっていたようです。

DSC_0022_20170406225501eb8.jpg
峰之沢橋で左岸に近付くとインクラ下でまず目に付くのが川舟に鉱石を積み込んでいた施設の跡らしいです。
ホッパーと言うことでしょうか。

DSC_0024_20170408231909176.jpg
上の道路から見た船舶ホッパー(?)
ダムができる前はこの真下に舟が入っていたのか横付けされていたのか・・・現役時はどんな姿だったのでしょうね。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

ナローゲージ | 23:22:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する