FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋営林局小坂営林署(?)、小林三之助商店専用線(高山本線飛騨小坂駅)~その1~
飛騨小坂と言うと御嶽山の飛騨側の登山口、湯屋温泉を始めとした小坂温泉郷の入り口です。
貨物的には小坂営林署を擁し名古屋営林局内最大規模の森林鉄道小坂森林鉄道の起点だった大島貯木場のある駅です。

DSC_0546.jpg
飛騨小坂駅前。1933(昭和8)年8月25日開業以来の駅舎があり、一部の特急も止まりますが現在は無人駅です。

DSC_0579_201704032257570d8.jpg
駅舎は山小屋風で杉材を斜めに配した軽快なデザイン。
中部の駅百選に選ばれています。

DSC_0562_201704032257544de.jpg
改札を入った側もこのデザインで統一、奥に見えるタブレット扱い所の壁も例外ではありません。

DSC_0571.jpg
ホーム上の待合所まで・・・。

DSC_0568_20170403225754965.jpg
旅客ホームは島式の1,2番ホーム。
向かいには貨物ホームと見られる3番ホームがあるのですがこのホームは周囲に道路がなくトラック荷馬車が乗入できません。
貨物ホームとしてはこれでは使い勝手が悪過ぎるので臨時の旅客ホームだったのかも?
因みに飛騨小坂駅は戦前のローカル駅としては珍しく最初から地下道が備わっていました。が、3番線にはこの地下道つながっていません。かつては2番ホームから構内踏切があったのでしょうかね?
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:22:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する