■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
揖斐川国鉄砂利線(東海道本線大垣駅→樽見線東大垣駅)~その1~
国鉄樽見線引継ぎの樽見鉄道では大垣~本巣のセメント輸送列車が2006(平成18)年3月28日まで運転されており、本巣の住友大阪セメント岐阜工場専用線に一時は毎週のように撮影に通ってました。
さて樽見線ではそれ以外にも東大垣駅からの川砂利輸送が行われていた時代がありました。
樽見線は戦前から建設が進められていましたが戦時中に工事中断、戦後1956(昭和31)年3月20日に大垣~谷汲口が開業しています。
この砂利採取線は樽見線開業前から樽見線の路盤を利用して大垣駅分岐の構外側線として存在していたようです。
この砂利線末端には揖斐川に面して国鉄名古屋鉄道管理局直営の砂利採取場があり線路用のバラストを採取、輸送していたようです。
因みに同局内で直営の採取場はここだけだったとのことで昭和30年代に閉鎖されました。

専用線一覧を見るとこの国鉄砂利線は個人名義の専用線としても利用されたようです。
<1953(昭和28)年版>
大垣駅分岐(樽見線未開業のため樽見線大垣~東大垣も専用線として利用)
契約相手名:T氏
作業キロ:4.0km
作業方法:国鉄機

<1957(昭和32)年版>
東大垣駅分岐
契約相手名:T氏
作業キロ:0.5km
作業方法:国鉄機

DSC_0469_20170320221355eb3.jpg
1956(昭和31)年3月20日に開業した東大垣駅。駅舎はごく簡素なものです。

DSC_0467_20170320221354d48.jpg
島式ホーム1面2線ですがその駅舎側(右側)に1本分の側線跡があります。
平行する東海道本線上を上り回送列車が通過中。
樽見線開業前から大垣~東大垣の区間(営業キロ2.7km)は大垣駅構外側線、専用線として利用されていた様子。
樽見線時代と同じく大垣機関区のC11が入線していたのでしょうね。

DSC_0464_2017032022135279f.jpg
↑で撤去されてた側線は樽見側が残存。
たまに保線車両が留置されているのを見かけます。

DSC_0510_201703202213579a7.jpg
側線は一旦樽見寄りで樽見線本線に合流してから左に分岐していた様子ですが雑草雑木が茂って分岐部はあまり定かでありません。
2番線へハイモ295-315大垣行き普通が入線。

DSC_0475_2017032022135622a.jpg
本線から砂利線が分岐した先にあるガード。復線分の幅があります。
この画像は南側から撮影したもので手前から樽見線本線、砂利線の順で並んでいました。

参考文献:
岐阜工事局五十年史(日本国有鉄道岐阜工事局/編)
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:27:46 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ごんばんは
複線分のスペースは側線の分岐跡だったのですね。
この駅は、東海道本線の貨物列車を撮影するために何度か下車したことがありますが、気にしていませんでした(^^;
2017-05-09 火 19:41:50 | URL | 社長 [編集]
鉄道用バラスト側線
社長さん、こんばんは。
僕も樽見貨物を撮影によく通いました。
廃止が早かったため痕跡は薄いですが以前はダルマ転轍機なども見えてました。
その後は坂祝、三河槇原など山砂利の側線が主になりました。
今はそれらさえ無くなってしまいましたが供給源はどこ何だか?
2017-05-10 水 00:00:38 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ