FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
大井川鉄道SLフェスタ2017~その2~
千頭の後は川根両国へ。
DSC_1022_201703142314313c0.jpg
黒貨車の列がいつも気になります。

DSC_1025.jpg
Cシキ301。1954(昭和29)年飯野産業で製造された大物車。
飯野産業製ってことは舞鶴生まれの貨車と言うことですね。

DSC_1034.jpg
さらに川根両国へ近付くと側線がまた1本分岐し・・・

DSC_1032_20170314231434a55.jpg
貨物ホームにCトキ226+Cトキ230が止まっています。
このホームのある場所は中部電力の敷地内のようですが中部電力専用側線なのでしょうか。
それにしては枕木ばかりが置いてあるので大井川鉄道の業務用(保線?)側線かも知れませんが。

DSC_1064.jpg
川根両国では井川寄りの両国吊橋から3両のDL並びを撮影できるようになっていました。
左からDB8(加藤製作所1952年製)、DD107(三菱重工業1960年製)、DD206(日本車輌1986年製)。
塗装し直されたばかりと見られる右2両は白で塗られていた部分が黄味の強い色になっています。
DD107は廃車から30年以上経ちましたが新車のような状態。
それにしても吊り橋上なので撮影するにも足元が揺れて手振れ以前の問題が(爆)
歩くときはお静かに(笑)

DSC_1088.jpg
DD107は台車まで美しい状態。
構内入換用に現役のDB8は順番的に今度再塗装かな?

DSC_1099.jpg
こちらは足元はしっかりしてますが歩道がないので自動車に気を付けねばなりません。
交通量は少なく静かな場所なので音に注意すれば良いのですがたまに来る車が高確率で大型車です。

DSC_1059.jpg
この日は井川線の土砂崩れ不通区間接岨峡温泉~井川が全通した日でもありました。
また近いうちに乗りに行きたいところ。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スイッチャー | 00:08:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する