FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
旧・荘川営林署庁舎のレール
水没した荘川営林署尾上郷、森茂・六厩川森林鉄道のレールですが荘川から離れた場所で今も使われています。

1960(昭和35)年の御母衣ダム完成後1962(昭和37)年に荘川営林署は庁舎を荘川村(現・高山市荘川町)から白鳥町(現・郡上市白鳥町)へ引っ越しました。
尾上郷林鉄、森茂・六厩川林鉄は大部分の区間が水没するため撤去、電源開発の保障による道路林道への付替えがなされたものの一部の区間がまだ残っていたようです。ただし1961(昭和36)年度を最後に林鉄車輌の配置が無くなっているので実質廃止状態だったのでしょう。
村の多くの地域が水没し人口の流出した荘川村にとって村民の大口雇用先である営林署に出て行かれては堪りません。
引き止めましたが荘川営林署としてはダムに管轄区域が分断され、特に森茂、六厩川国有林へのアクセスが非常に不便になったことから管轄区域の再編を考えてのことでした。
後に岐阜営林署の管轄区域を一部所管替えされ、森茂、六厩川国有林は1964(昭和39)年に飛騨古川の古川営林署に引き継がれ、残っていた森茂・六厩川林鉄六厩川線も引き継がれてます(古川営林署への機関車、運材貨車、モーターカーの配置は無くこちらも列車の運転は無かった様子)。
営林署管轄区域自体が大きく南へオフセットしたことになります。

さて引越し先の荘川営林署新庁舎・・・当時署内の路線撤去で発生した林鉄用6~9kgレールも資材として持って行ったようで・・・。

DSC_0837_20170312212208a50.jpg
長良川鉄道美濃白鳥駅のすぐ傍にある旧・荘川営林署庁舎。
横を通って行くのは美濃白鳥を発車した北濃行ナガラ306。
この敷地には元々省営→国鉄バスの営業所があり、その移転した跡を譲り受けて庁舎と貯木場をつくったとか。

DSC_0838.jpg
現在は中部森林管理局岐阜森林管理署(元の小坂営林署)の白鳥森林事務所となり、隣に木造庁舎を建てて再移転したようです。
尾上郷国有林も今では高山の飛騨森林管理署の管轄となり、元々荘川署の地盤だった地域とは関係が無くなってしまいました。

DSC_0839_20170312212211fe8.jpg
その裏手、貯木場の跡には郡上市立図書館が建っており、駐車場の柵に林鉄のものと思しきレールが使われています。
長良川鉄道の前身・国鉄越美南線が貨物営業を行っていた頃は側線もあってここから木材が貨車積みされていたようです。

DSC_0841_2017031221221221e.jpg
か細い6kgレールの向こうに見えるのはそれよりはるかに太い長良川鉄道のレール。

荘川村に営林署があった頃は国鉄線も通っておらず名古屋営林局管内で最も不便な地にあるとして同署への転勤は敬遠されたとか。
荘川以外から転勤して来た署員には町場の白鳥への庁舎移転は歓迎されたようです。(- -;)
飛騨の田舎で「こんな町もう嫌や」と言ってたら町の大部分が水没(原因は違うけど)して移転・・・ってそんな映画が去年ありましたね。
飛騨古川も山越えて隣ですし・・・。

参考文献:
白き山を守り継ぐ 荘川営林署開設100周年・白鳥町移転30周年記念誌(荘川営林署記念誌編集委員会 編)
荘川村史 下巻(荘川村)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 21:55:02 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する