FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
松村商店、石山商店専用線(北陸鉄道金石線長田町駅)
中橋を出て次の長田町駅との間に専用側線が本線と並行していたようです。
松村商店(現在は松村物産)は石油、石炭、ガスの販売を行っており、無蓋車で石炭、タンク車で石油の到着があったものと思われます。
石山商店の方は不明ですがこちらも石油?
専用線敷設時期は不明ですが、1971(昭和46)年9月1日の金石線廃止の頃まで残っていたようです。
同社のWebサイトによるとは1927(昭和2)年12月創業、石炭、コークスの販売を始め1931(昭和6)年4月より石油製品の販売を開始したとあります。

●松村商店専用線
作業キロ:0.5km
作業方法:社機

●石山商店専用線
作業キロ:0.1km
作業方法:社機

DSC_0441_20170305203035bba.jpg
中橋から県道60号線を渡ってすぐ東側(右)に松村物産管理の土地が駐車場になって拡がります。
当時の航空写真では工場になっており、長田町側から専用線が分岐して中に入っていた様子。
歩行者専用道が金石線本線で右に側線が入ってました。
この右の建物は窓サッシがスチールサッシで古めかしく専用線現役時から建っていたものではないかと思われます。

DSC_0444_20170305203037153.jpg
中橋方面を振り返った様子。中央奥に見えるビル群の手前が金沢駅。
駐車場はかなり広大です。

DSC_0443_20170305203037f97.jpg
鉄道門・・・ではないですよね。
位置的には線路があってもおかしくない場所でしたが・・・。

DSC_0447_201703052030397ba.jpg
遊歩道が金石街道に合流する個所が長田町駅。
石油タンクなどは当時もここにあったようです。
長田町駅があった場所は松村物産のGSになってます。横を金石線代行の路線バスが通過中。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:04:03 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
はじめまして、本日”北陸鉄道金石線”で検索しておりましたところ、貴ブログに行き当たりました。
貴殿の記述で、松村商店(現在は松村物産)は石油、石炭、ガスの販売を行っており、無蓋車で石炭、タンク車で石油の到着があったものと思われます。でコメントさせて頂きます。
私の本籍地が金石であった関係で幼少時には夏、冬と両親と共に帰省を繰り返しており、金石線が併走する金石街道を行き来していました。
金石線から分岐した塀の向こう側に鼠色の2軸ボギーのタンカー(タサ5700)が留置されているのを何度も目撃、記憶しております。
2019-07-29 月 17:54:41 | URL | 松任工機部 [編集]
金石線
松任工機部様、はじめまして。
貴重な当時のお話ありがとうございます。
金石線の写真をで長田町でEB301が牽くタキ3000(?)の写真は見たことがありますがねずみ色のLPガス輸送車も入っていましたか。
私は北陸鉄道の各路線がほとんど廃止された後しか知らず金名線も休止中でした。
小学生の頃はスイミングスクールに通っており、途中で交差する金石街道だけ金石線跡の分異様に道幅が広かった印象が残っています。
2019-07-30 火 00:17:04 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する