■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
津田駒工業本社工場専用線(北陸鉄道石川線野町駅)
北陸鉄道石川線始発の野町駅横に津田駒工業の本社工場があります。
高速自動織機ジェットルームを開発し織機トップメーカーのツダコマで知られています。
1909(明治42)年に金沢市街地で創業した津田駒次郎工場が野町に移ってきたのは1933(昭和8)年。
当時の野町は北陸鉄道の前身となる金沢電気軌道の駅で、現在の石川線のほか金沢市内線、西金沢駅へ寄らず松任へショートカットする松金線も接続する鉄軌道の一大ターミナル駅でした。
専用線の開設時期を示す資料は見つかってませんが工場移転時から貨車輸送は行っていたのではないかと思われます。
専用線一覧では1967(昭和42)年版まで記載があります。ここも入換は北鉄の機関車が入って行っていたようです。

作業キロ:0.1km
作業方法:社機

DSC_0358_20170219224746666.jpg
現在の野町駅。松金線は戦時中1944(昭和19)年4月18日に石川線と重複する野町~野々市が廃止、市内線も1967(昭和42)年2月11日に廃止。
その後は自社バスとの接続で利便性を確保し、改札口を出てすぐにバスに乗り換えできる構造としました。
駅舎の背後には隣接する"TSUDAKOMA"のロゴが入った津田駒工業本社工場の建物が聳えます。

DSC_0359_20170219225830efb.jpg
因みに野町駅前から金沢市内中心部のメインストリート国道157号線(百万石通り)へアクセスするバス通りは元の市内線の専用軌道跡。犀川左岸の河岸段丘を急勾配で上っていました。

DSC_0355.jpg
行き止まり式の野町駅ホーム。
2番線(左)はレールがあるものの本線との接続が絶たれています。金沢に住んでた頃よく見てた駅ですが2番線に電車が止まっている光景を見たことがないです。
石川線は1972(昭和47)年9月20日までもう一駅。市街寄りの白菊町駅へ延びていましたが旅客は乗り換えができる野町駅で市内線に乗り換えていたためもともと野町止まりの電車が多く貨物が中心の路線になっていました。
1970(昭和45)年には一足早く旅客営業が廃止されていました。

DSC_0360_201702192247480f5.jpg
津田駒工業への専用線は白菊町寄り(手前)から右へ分岐、貨車は野町駅からスイッチバックで工場内へ入っていた様子。
中央の電柱左が野町~白菊町の石川線本線の跡、奥が野町駅です。
電柱右の塀の向こうが津田駒工業本社工場ですが万年塀が1枚、その右のブロック塀部分が専用線が引き込まれていた跡でしょうか?



野町から届いた自動織機の思い出
うちの母の実家は京都府北部丹後地方で「丹後ちりめん」を織る家でした。
帰省すると日中は機を織る音が鳴り響いていました。
工場で動いていたのは勿論ツダコマの自動織機で昭和30年代に一式購入したものとのことでした。
工場内の轟音は相当なもので傍にいる伯父が何か言っても丸で聞こえず轟音が苦手だった自分は這う這うの体で工場を出たのを覚えています(笑)
自動織機を新調したときのことについて今は亡き祖父から国鉄宮津線(現在は京丹後鉄道宮豊線)峰山駅の日通事務所から貨物到着の連絡を受けてトラックで取りに行ったとを聞いていました。
この工場で製造され専用線で貨車に積まれて発送されたのでしょう。
ルートは野町~(北陸鉄道)~新西金沢・西金沢~(北陸本線)~敦賀~(小浜線・舞鶴線)~西舞鶴~(宮津線)~峰山、あるいは敦賀から米原、山陰線経由かも知れませんが想像力を掻き立てられます。

そんなことを話してたら母が「ツダコマの人がトラックで直接持って来てくれた気がする」と言い出しました。
家業を嫌ってた娘(母)より社長(祖父)の証言を優先ってことで(^ ^;)
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 19:12:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ