■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
飯田駅の専用線群(飯田線飯田駅)
飯田駅にも専用線がありました。飯田駅の貨物取り扱いは59・2ダイヤ改正を目前にした1983(昭和58)年1月16日に廃止されており、専用線もその時に廃止されたものと見られます。

①飯田製材工業
専用線一覧1951(昭和26)年版~1983(昭和58)年版まで確認
作業キロが短くなるのは一部区間が輸入石油専用線に編入された為か?
作業キロ:0.4km→1957(昭和32)年頃0.2km
作業方法:国鉄機、手押

②中部電力
専用線一覧1951(昭和26)年版のみに記載
作業キロ:0.3km
作業方法:国鉄機、手押

③輸入石油
専用線一覧1957(昭和32)年版~1983(昭和58)年版まで確認
作業キロ:0.1km
作業方法:国鉄機、手押 専用線一覧1983(昭和58)年版では「手押」が「移動機」に変わる(アントでしょうか?)

DSC_0298_20170204214201db4.jpg
飯田駅構内を豊橋方より見た様子。
左の駐車場は貨物ホームを利用しています。
右にも貨物側線が拡がりかつては両側に貨車や電機が並んでいたようです。

DSC_0294.jpg
①飯田製材工業、③輸入石油の専用線は暫くは本線を走り豊橋方へ延びていたようです。
②の中部電力専用線は調査しても正体が分かりませんでした。
場所柄水力発電の資材輸送かとも思ったのですが当時近くで中部電力の水力発電所工事は見当たらず別の目的だったのでしょうか??

DSC_0293_201702042141373b0.jpg
知久町踏切(飯田駅から2つ目の踏切)を越えると西側(左)に側線が分岐していたような敷地があります。

DSC_0290_201702042141343ab.jpg
知久町踏切から豊橋方を見た様子。やはり右に分岐してます。
飯田製材工業は右奥の建物(今も工場らしきところ)辺りにあったのでしょうか。

DSC_0291.jpg
カーブする本線に並行して専用線跡らしき路盤が続いています。この辺から先が輸入石油専用線?

DSC_0288.jpg
暫く平行する道がなく裏へ回ると輸入石油の油槽所が見えます。側線は線路手前側で油槽所は向こう側・・・。
さらにこの右には専用線第3者使用で入っていた信南交通のバス車庫も。
専用線はこちら側にあって石油は飯田線の下をパイプで越えてタンクへ送っていたとか?
飯田線の本線自体が急勾配で切石駅へ下って行く区間であり、左の一段高い駐車場となっている敷地に側線が続いていたのかも知れません。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:09:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ