FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
長野県天竜川砂利採取専用線(飯田線千代駅)~その2~
2017(平成29)年2月9日追記
後で得た情報なのですが突っ込み線トンネル自体にも積込み用シュートの跡があるようです。
となると以下の入換手順は不正解~(_ _;)
入換作業と言うのは実に奥が深いです。
なおここのホッパートンネルや外のホッパー跡は天竜川よりかなり高い位置にあり、ダンプカーが接近できるような道路もありません。河原からここまでは砂利輸送用の索道でもあったのかと思われますが・・・まさかインクラ軌道ではあるまいな(怪)


千代駅専用線現地調査から入換手順を推定して見ました。
素人が見よう見まねで考えた入換方法であって実際はどんなだったかわかりませんがヽ( ´_`)丿
上が飯田・辰野方、下が三河川合・豊橋方です。
ホッパーには1回で3両分の砂利を積込み可能と言う前提でシミュレーションしてます。
牽引機はED21。
身延線の前身の富士身延鉄道が1928(昭和3)年に日立製作所で製造した56t機。
一地方私鉄としてはかなりの重量級です。
ED211~3の3両がおり、1953(昭和28)年に身延線から飯田線豊橋機関区へ転入(後に中部天竜支区へ移動)ということから三河川合~千代の宇連ダム砂利輸送シャトル便運行のために転入したのでしょうか。因みに飯田線転入直前に西武鉄道へも貸し出されていた様子。
ed213.png
後に黒四ダムセメント輸送の三岐鉄道へ貸し出されたり大糸線へ転出したりしてダム建設資材輸送に関わりが深かったようです。
ED211は宇連ダム輸送後1959(昭和34)年に廃車されますがED212、3は私鉄買収機国鉄居残り組としては長命で1973(昭和48)年まで活躍しました。

①三河川合発千代行貨物列車到着
chiyo1.png
三河川合からED21+トム×10両+緩急車(ワフ)の編成が2番線に到着。

②突っ込み線へ引き上げ
chiyo2.png
ワフ(緑色で示した車)を切り離して突っ込み線トンネル奥まで貨車を引き上げてホッパーのある積込線へ分岐器切替え。

③3両積込み
chiyo3.png
ホッパーに3両が掛かる位置まで推進、積込み。

④2両積込み
chiyo4.png
積込線有効長ギリギリまで編成を押し込み次の2両に積込み。

⑤突っ込み線へ引き上げ
chiyo5.png
突っ込み線トンネル奥まで一旦引上げ。分岐器を2番線へ切り替え。

⑥積込み済みのトム×5両を2番線へ突放
chiyo6.png
積込の終わったトム5両を2番線へ突放、ワフに連結して停止(又はワフ手前で停止)。
空の5両+ED21は分岐器手前で停止、再び分岐器を積込線へ切り替え。

⑦3両積込み
chiyo7.png
ホッパーに3両が掛かる位置まで推進、積込み。

⑧2両積込み
chiyo8.png
積込線有効長ギリギリまで編成を押し込み次の2両に積込み。

⑨突っ込み線へ引き上げ
chiyo9.png
突っ込み線の分岐器まで引上げ。分岐器を2番線へ切り替え。

⑩再度1本の編成に組成
chiyo10.png
2番線に入り先に積込みが済んでいた5両へ後の5両を連結。

⑪機回し
chiyo11.png
ED21がワフを迎えに機回し。

⑫ワフを引上げ
chiyo12.png
ワフを連結して推進運転で下村トンネルまで一旦引上げ。

⑬ワフを引き逃げ、編成最後尾へ連結
chiyo13.png
下村トンネルから加速、一旦ノッチを切った瞬間にワフに乗務した車掌が解放テコを上げて連結を外す。
ED21だけ本線上を急加速、分岐器を通過したらすぐに分岐器を2番線へ切り替え。
ワフは2番線へ入りトム10両の辰野方に連結。
この作業方法は引き逃げとか逆突放、引き放とか呼び方があるようですが突放以上に見かけることが少ないです。
比較的最近では5年前までワム80000が使われていた春日井の専用線で見られたくらいでしょうか。

⑭積込み、入換完了
chiyo14.png
ED21が豊橋方に連結され三河川合へ折り返しの準備が完了。
車掌車・緩急車が付くと手順が増えて扱いが面倒ですね(- -;)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:57:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する