■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
長野県天竜川砂利採取専用線(飯田線千代駅)~その1~
飯田線の秘境駅として知られる千代駅。
この駅は三信鉄道時代に開業していますが貨物取り扱いを始めたのは戦後になってからです。

天竜川は天竜峡で伊那盆地から急に川幅が狭まっており土砂や砂利が溜まり易い場所です。
また下流に泰阜ダムができたことで堆砂が促進され河床が上昇していました。
これでは水害の元になるので浚渫工事が必要になります。
丁度同じ頃農林省が豊川用水の宇連ダム建設を進めておりコンクリート骨材として砂利を必要としていました。
宇連ダムは三河川合駅から2kmばかり宇連川を遡った場所で千代駅とは飯田線一本でつながっています。
そんな背景があって千代~三河川合に元富士身延鉄道の買収電機ED21+トム10両の砂利輸送のシャトル列車が運転されました。

着駅の三河川合駅については以下で以前取り上げています。
農林省京都農地事務局→愛知用水公団専用線(飯田線三河川合駅)

千代駅は1953(昭和28)年4月1日に専用線発送の車扱い貨物の取扱い開始しています。
専用線使用者が長野県となっていることから県営事業で浚渫工事を行っていたようです。
第3者使用は天竜川河床整理組合とありました。
作業キロ:0.1km
作業方法:国鉄機



DSC_0252.jpg
千代駅豊橋方。側線の一部は現在も保線車留置線として流用されています。
留置線の向こうに見えるのは天竜の流れ。

DSC_0256_20170129231148a6f.jpg
留置線はホーム中ほどで行き止まりになっています。
遠くに見える紅白の櫓は三遠南信道の天竜川架橋工事現場。

DSC_0251_201701292311351da.jpg
留置線末端には開渠の跡がしっかり残ってます。

DSC_0212_201701292311156f7.jpg
辰野方には第4種踏切がありホッパー跡のある川側へ渡れます。
踏切の向こうに四角いコンクリート塊が見えてますね。

DSC_0228_20170129231134504.jpg
ここにも開渠が2本分残ってます。奥から本線、2番線(仮)、一番手前はちょっと角度を付けて分岐した積込線のもの。

DSC_0200_20170129231109b62.jpg
積込線の橋台を2番線上から。

DSC_0227_20170129231132f71.jpg
積込線上から見た飯田方。飯田線本線はすぐに下村トンネルに入って行きます。
2番線と積込線はこの先で合流してその先には・・・。

DSC_0204_20170129231112714.jpg
下村トンネルと並ぶ2番線延長線上の突っ込み線トンネルに入って行きます。
冬枯れの時期なのにモサモサ状態で坑口上部は見えますがトンネルの穴が見えません。
この日はかなり暖かく真冬なのにハチがのんびり飛んでたり・・・暑い(- -;)

DSC_0214_2017012923112935f.jpg
積込線開渠上から末端方向を見た様子。右に見える四角い陰はホッパーのコンクリート土台です。
ここも枯草でモサモサ状態。何だか温暖な三河地方南部のような感じです。これも温暖化の影響か?

DSC_0217_20170129231131db1.jpg
ホッパー跡から飯田方を見た様子。左に見える円筒形のコンクリートは古井戸。
中に水があるのかは周囲が明々としてるためコントラストがきつく確認できず。
はまると危険なので訪れる方はくれぐれもご注意を。
この井戸はホッパー関係ではなく隣の畑のものと思いますが詳細不明~。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 23:44:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ