FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
モノクロ写真のカラー化について~2~
自動でカラー化するWEBサービスが公開されています。
http://colorize.dev.kaisou.misosi.ru/
元となっているサイトは「ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け」
http://hi.cs.waseda.ac.jp:8082/

引き続き今度は青・緑系・・・というわけでまたもモノクロ写真を「はーさんの鉄道・旅・よしなし草 (別館)40年前の鉄道風景」管理人様より画像をお借りしました。

まずは三重交通の場合。
現在は近鉄湯の山線、四日市あすなろう鉄道、三岐鉄道北勢線に分かれていますがかつては三重交通の路線でした。
現在三岐北勢線で連接電車200系(旧・三重交通4400系)が三重交通時代のリバイバルカラーで走っているので知られています。
DSC_0541_201612072259458cc.jpg
三岐鉄道北勢線 穴太~東員

三重交通4400系だった頃の写真を触ってみました。
Mie4401pL.jpg
元のモノクロ写真。
1961(昭和36)年まだ内部、八王子、湯の山線がまとめて三重線と呼ばれていた時代。

mieko1.jpg
「ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け」でカラー化。
緑色になるはずの車体下半分が茶色と言うか錆色と言うか微妙な色になってしまいます。

mieko1_sky1.jpg
「ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け」の「フレーバー」と言う機能からsky1を選択してカラー化。
ややまともに青系の色になりました。
ここからはphotoshopでも使わないと緑の三重交通色そのものにはできなさそうです。

Mie261m.jpg
元のモノクロ写真。
1961(昭和36)年・・・今日の近鉄湯の山線沿線は四日市市近郊のベッドタウンに農村の残り香があるという程度ですがこの頃はローカルムードたっぷりだった様子。1964(昭和39)年に762㎜ゲージから標準軌へ改軌された湯の山線ですが当時は湯の山~内部・伊勢八王子へ通しで列車が運転されていました。

mieko4.jpg
「ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け」でカラー化。
やはりそのまま変換しただけでは緑色が茶色になってしまうようです。
植物の緑に対し人工物の緑は色変換が苦手なようですね。
これはこれでフリーランスのローカル電車とすれば十二分に良い雰囲気ですが・・・(^ ^)

mieko4_sky1.jpg
「ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け」の「フレーバー」と言う機能からsky1を選択してカラー化。
これも青系の色になりますが緑色そのものにはできませんね。
電車はモ261(初代)+サ2000形×2連。
モ261は松阪線(当時は松阪鉄道)で同タイプの電車(モ250,251)に合わせてつくられた客車でしたが三重線転属時に電装され晴れて電車になる事が出来ました。サ2000形は現在も三岐北勢線でサハ、クハ140形として活躍中ですね。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | 23:39:31 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
カラー化
いろいろ試してみましたが、なかなか完璧な色にはならなさそうですが、面白いサイトですね!
2016-12-08 木 07:41:12 | URL | 南野哲志 [編集]
南野さん、こんばんは~。
赤、オレンジ、クリーム、黄などは結構いい線を行ってますが緑、青系の車両は殆んどが茶色になってしまい上手くいきませんでした。

三岐鉄道の古い写真も試してみたのですが何だか昔の新京成電鉄みたいになってしまい・・・(・ ・;)
それでも白黒写真を1からカラー変換していくのに比べるとずっと手軽にカラー化ができるので特徴を抑えれば便利に活用できそうですね。
2016-12-08 木 23:45:25 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する