FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
谷汲駅のアント
20日(日)の朝刊で旧・名鉄谷汲線谷汲駅でモ755を動かすイベント開催の記事が載っていました。
よく綱引きで移動させるという話は聞いてましたが今回は「動力車」で移動させると載っていたため気になってお出かけ~。
はて?谷汲駅にある動力車と言えば軌道自転車(エンジン付きで人力でない)くらいで電車を牽けるほどのアントやスイッチャーはいなかったはず・・・。
他の用事を済ませ大垣から樽見鉄道、揖斐川町コミュニティバス(運行は名阪近鉄バス)を乗り継ぎ到着。
うう~ん、谷汲線があった頃と比べると本当に不便になったなあ・・・(- -;)

DSC_0263.jpg
行ってみると軌道自転車とモ755が並走して入線して来るとこ。

DSC_0269_201611202130083f7.jpg
後ろに付いてたのはやっぱりアントでした。

モ755のコンプレッサは作動していなかったもののブレーキ緩解時のエアが抜ける音、タイホーンは生きてたので圧搾空気を使っていたのでしょうか。
ブレーキ緩解音は生きた電車の雰囲気を感じさせてくれます。

DSC_0233_201611202130034d5.jpg
運行時以外はアントとモ755を切り離して各車単体の撮影がし易いようにしていました。
現役時はこんなところで撮れませんね。

DSC_0240_20161120213005507.jpg
そして運転時間が近付くとアントの連結作業。

DSC_0215_20161120213002a00.jpg
今回のアントは何者か?ということで観察~
車体に「ANT-15」と陽刻あります。
銘板は
アント車両移動機
型式  :ANT15ⅢS型
製造年月:1970-7
重量  :350kg s
製造番号:NO5106G
と読めました。

係の方に伺うと貨物鉄道博物館からの借り物(所有は三岐鉄道)とのこと・・・そう言えばアント15が2台いましたね。
結局はよく見知ったアントなのでした(笑)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

名鉄 | 21:58:07 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
アント
そう、こちらは貨物鉄道博物館のアントです。

修理整備をお願いして、そのまま谷汲で試運転がてら使って頂いています!
2016-11-21 月 00:13:07 | URL | 南野哲志 [編集]
人気者
南野さん、こんばんは~。
アントは30分ごとに動いてましたが一見して調子は良さそうに見えました。
モ755だけでなくアントも人だかりがして結構人気を集めていましたよ。
2016-11-21 月 21:06:40 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する