FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋営林局(古川営林署?)貯木場専用線(高山本線飛騨古川駅)
「君の名は」の映画を見てて思い出した飛騨古川の専用線。
林鉄めぐりの途中で寄ってそのままになってました。
作業キロ:0.1km
作業方法:手押

専用線一覧表では1957(昭和32)~1967(昭和42)年版に記載があります。
飛騨古川駅裏(北東側)の古川営林署貯木場に接した専用線ですが距離的には国鉄側線とあまり区別も付かない程度のものでしょう。
1964(昭和39)、1967(昭和42)年版では第3者使用として三井金属鉱業が入っています。神岡軌道廃止から国鉄神岡線開業の間の過渡期であり代行手段としてトラックで鉱石や製品を古川まで輸送していたのでしょうか。
隣の営林署ですが神岡営林署管内からのトラック運材もありました。
神岡の金木戸森林鉄道は浅井田で神岡軌道と接続してましたがゲージが異なり貨車の積替えが必要なこと、名古屋へ遠回りとなることから神岡軌道ルートはあまり当てにせず古川ルートの方が良かったようです。

DSC_0337_20161026231301632.jpg
駅裏駐車場(製材工場や貯木場の跡)から岐阜方を見た様子。
3番線(一番手前の線路)のこちら側にもう1本線路が分岐していたであろう跡があります。

DSC_0338_20161026231303331.jpg
貨物ホームは残ってますね。
古川は飛騨北部なので木曽や飛騨南部のようなヒノキはあまりなくスギやブナ材の取り扱いが多かったはず。
古川営林署大谷山森林鉄道に行った後「飛騨の山樵館」に寄るつもりで車を止めたのですが利用者が少なく今では公開していないとのこと・・・(- -)まじか

DSC_0339_20161026231304a39.jpg
貨物ホーム上。
貯木場跡地は飛騨市役所文化交流センターになっています。
木製建材メーカーは残ってますが木材は積まれておらず駐車場になってます。
奥に見える跨線橋は「君の名は」ですっかり有名になってしまったとこです。

飛騨古川駅専用線巡り続編↓
飛騨古川駅側線、デンカセメント飛騨古川サービスステーション専用線(高山本線飛騨古川駅)



「君の名は」の内容はなかなか面白かったです。
飛騨と東京が主ですが自分の通勤経路の名古屋駅地下道まで出てましたね(^ ^;)

その中の田舎あるあるネタが飛騨、木曽によく行く者としては実感あり過ぎで・・・(笑)
「電車なんて2時間に1本やし」
しかも時間がまちまちで使いにくい汽車ダイヤな・・・(電車でなくディーゼルカーなんてしょうもない突っ込みはするべからず(爆)
「コンビニは9時で閉まるし」
あるだけまだマシ。以前は大手のコンビニが無く「タイムリー」と言う岐阜ローカルのコンビニがありましたねえ
「でもスナックは二軒もあるし」
どの地方でも潰れそうに見えて何故か生き残るこの業種・・。実質カラオケボックス化してる気もしますが(^^;)
昼下がりに前を通るとカラオケで演歌を熱唱しているのが聞こえて来て長閑やな~・・・と感じることがしょっちゅう(笑)
「日照時間は短いし」
林鉄巡りや高山線や中央線を撮影しようとすると陰が差すのが早いと感じた人も多いのでは?
空は明るくても日が山陰に隠れて暗くなるのが早い・・・日が差す時間も遅いので日が照っているのは数時間もないことも。

飛騨地方には映画館もないので地元が舞台なのに見れないという人が多く11月に↑の飛騨市役所文化交流センターでようやく公開とのこと。これも上のセリフに加えるべきかも(汗)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 00:17:25 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
何かほかのマンガだったと思うのですが、「店主のおばちゃんを起こせば24時間営業になる!」というコペルニクス的発想が描かれたものがありました。
叩き起こされる店主はたまりませんが。
大手コンビニチェーンだと、相当の僻地でも幹線道路筋とかなら24時間営業してますね。
2016-10-28 金 20:53:33 | URL | たづ [編集]
24時間?
たづさん、こんばんは~。
それは確かに(笑)起きてくれればですがね(^ ^;)
田舎になると24時間営業と言うよりはプライベートと仕事の境界が曖昧になることが多いですね。
これは良い悪いの問題ではなく各人の好みによるでしょうけど。

コンビニ~木曽なら国道19号、飛騨は41号沿いだけは別世界な感じがします。
村の店と言うよりは深夜でも走るトラックのためでしょうね。
2016-10-28 金 23:53:05 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する