■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
北海道開拓の村の林鉄~4~
森林鉄道運材貨車。
DSC_1160.jpg
説明板によると札幌営林局S2型で1953(昭和28)年の中山機械製。
上芦別署購入し1959(昭和34)年に大夕張署へ移管となってます。
全国的によく見るモノコックタイプですがブレーキハンドルの櫓形状がよく見る台形ではなく長方形。
高さも低い気がします。

DSC_1186.jpg
ブレーキ装置がある貨車。
ブレーキ手が乗るデッキを設けるためかハンドブレーキ側のオーバーハングが大きく取られています。
銘板によると中山機械株式会社1953(昭和28)年3月製造、製番No.581
型式、容量は摩耗して読めませんでした。会社所在地は苗穂駅前。
三菱電機系の会社で現在は北広島市に移転し工場のクレーンや搬送設備の製造で盛業中のようです。

DSC_1185.jpg
ブレーキ装置がない貨車。ブレーキ制輪子など一切なく車体も前後対称になっています。
それ以外はブレーキ装置がある貨車と同じように見えますがメーカーが違っていました。
銘板によると夕張機械製作所1954(昭和29)年2月製造。
丸瀬布で見た貨車と同じメーカーです。
夕張製作所製運材貨車
とは言え車輪径も小さく木曽帰りの同社製貨車と比べると鋼材も分厚いようで小柄でボテッとした印象です。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 22:10:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ