FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
鴻之舞鉱山の車両
丸瀬布の車庫で保存されている住友金属鴻之舞鉱山の車両群。
隣の紋別市の山中にあった金鉱山で
鴻紋軌道という紋別~鉱山を結ぶ762㎜の蒸気軌道があったことでちょいちょい耳にすることも。
鴻紋軌道は戦中戦後の一時期にあっただけですがこちらは鉱内軌道で使われたものです。

DSC_0826_201608132222069b6.jpg
1954(昭和29)年協三工業製のマイニングDLの3005。台枠形状は同時期の林鉄協三機と似たようなものですが3.5t機よりもさらに小さいので全体的に簡略化されたようなスタイル。
旧鉱山跡近くの上藻別駅逓所には一番違いの3006が似たような編成で保存されてるそうな。

DSC_0956_201608132222097fc.jpg
形式DB3とはメーカー形式でしょうか。

DSC_1075.jpg
二軸の人車。この辺はメーカーや製造時期が全く分かりません。

DSC_1077.jpg
バケットローダー。

DSC_1076.jpg
手前はグランビーで奥の底が丸いのは何と言うのか知らず・・・別の鉱山跡でも見たことある形なので同一メーカー製と思われますが。

DSC_0874_20160813222207c89.jpg
こっちの鉱車は762㎜に改軌したのか動態保存で雨宮のための薪、石炭車(?)として重宝されているようです。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

ナローゲージ | 22:44:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する