■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
北見営林局丸瀬布営林署21号
超が付くほど有名な雨宮21号機。
1928(昭和3)年に雨宮製作所で製造された11tサイドボトムタンク蒸機。
丸瀬布起点の武利森林鉄道の敷設工事から使われていたものと思われます。
同林鉄は北海道庁拓殖部林務課が敷設した森林鉄道で雨宮蒸機はNo.18、19、20の3台が新製配置されました。
内No.18は間もなく落合林鉄へ転属。No.19,20が残り、林政統一後にNo.19がNo.21に改番されています。
ディーゼル機導入により廃車されたのは1957(昭和32)年、その後も林鉄全廃を前にした1961(昭和36)年に一度さよなら運転されたようです。

DSC_0834_2016072123442727b.jpg
その後も丸瀬布で保存され、1979(昭和54)年にいこいの森で動態復活・・・林鉄現役時代より動態復活してから現在までの期間の方が既に長くなっています。
北海道の文化財、そして有力な観光資源の一つとなっているのは周知の通り。
北海道遺産、経産省近代化産業遺産、準鉄道記念物といった肩書を持っています。

DSC_0839_20160721234429c55.jpg
運転開始前の入換。まず石炭車のところへ行って石炭を補給。

DSC_0851_20160721234430fbd.jpg
同僚の鶴居村営軌道のDL横の線に転線。

DSC_0880_201607212344312ff.jpg
井笠鉄道ホハ19+ホハ13を牽きだしてプラットホームへ。

DSC_0905.jpg
ダム湖畔の線路をのんびりと。
この向きは普段の運転とは逆向きだそうです。

DSC_0918_20160721235118188.jpg
太いボイラに小径車輪と言う組み合わせはどことなく国鉄の9600を小さくして愛嬌のある姿にした印象。

DSC_1001_201607212351519d8.jpg
湖畔から駅までは煙が出る区間。

DSC_1073_20160721235153542.jpg
村営軌道DL牽引の列車との交換風景も見せます。

丸瀬布営林署の蒸気機関車は1958(昭和33)年度で全廃。
資料によって廃車時期が違うものの最後まで残った蒸気機関車は以下のようです。













番号製造元製造年軸配置・形式備考
20、21 雨宮製作所1928(昭和3)年Cサイドボトムタンク機21号がいこいの森で動態保存
13、14、15鉄道省釧路工場1943(昭和18)年B1リアタンク機Baldwin機のコピー
35本江機械1941(昭和16)年Cサイドタンク機


maruseppu.png
ディーゼル機には木曽へ転属し長野営林局No.139になるNo.52や温根湯から転属してきた林鉄最大最強の協三15tボギーDLなどがいました。

参考文献:
日本の森林鉄道 (上巻)  蒸気機関車編(小熊 米雄 著/エリエイ出版部)
北海道における森林鉄道用ジーゼル機関車について(小熊 米雄)
北見営林局事業統計書(北見営林局)
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(北見、旭川、帯広、札幌営林局) | 23:16:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ