FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
内部・八王子線のバス窓車~その1~

DSC_0067.jpg
日永駅。内部線と八王子線分岐の扇型ホーム真ん中に桜の木があります。
四日市行きはモ265+サ124+ク115の編成。

DSC_0075.jpg
サ124はサ120形で唯一丸っこい車体にバス窓を持つ車両。
サ121~123は元々モ220形を電装解除した角張った車体です。
サ124は1954(昭和29)年ナニワ工機が製造。
三重交通サ360形サ362→近鉄サ130形132→近鉄サ120形サ124→四日市あすなろうサ120形サ124と会社や車号は移り変わってますが生まれてからずっと内部・八王子線生え抜きです。
手前の窓がない区画は元々車掌スペースで乗務員扉がありました。
貫通編成化される以前は端面もバス窓が2枚並ぶかわいらしい姿でした。

DSC_0076_20160407223118ecf.jpg
ク115も元々三重交通サ360形サ363でサ124と同年生まれの同形式車でした。
ただしこちらは製造が帝国車輌で一時的に北勢線に移っていた時期もありました。
三重交通サ360形サ363→近鉄サ130形133→近鉄ク110形ク115→四日市あすなろうク110形ク115。
こちらは車掌スペースが運転席となっています。

DSC_0081_2016040722312014b.jpg
小古曽付近を行くク115+サ124+モ265。これだけバス窓が並ぶ編成も今では珍しいですね。

DSC_1000.jpg
晴れた日の四日市付近を行く同編成。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

ナローゲージ | 23:22:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する