FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
田口鉄道(→豊橋鉄道田口線)三河田口駅側線
1965(昭和40)年の廃止後も半世紀近く木造駅舎が残っていたことで廃線ファンには知られた存在の三河田口駅。
設楽町の中心である田口の市街地から2㎞ほど山道を下った寒狭川の渓谷にあり、狭い土地に駅施設や新城営林署の田口土場がひしめき、田口線と田口森林鉄道椹尾線の結節点と言う役割もありました。
狭隘な土地のためヤードと営林署土場側線が旅客ホームにより分断されて苦心が窺える配線となっていて興味深いところです。

taguchi.png
現役時代の写真や現地調査を元にすると三河田口駅や営林署土場は上図のような配置になっていたようです。
駅南の側線は貨物ヤードとしてだけでなく電留線の役割もあったようで、電車が止まっている写真も多く見られます。
また林鉄廃止後は土場側線も短縮されて電留線となっていた様子。
旅客ホームは1面1線で電車が止まっていると土場側線の貨車入換ができません(^ ^;)
周辺の建物も描きこんでみましたが土場内の林鉄線路川側に並ぶ倉庫群は実際の数が分からずほとんど想像です。
これらの倉庫群には主に木炭を収めていたのではないかと思われます。
昭和30年代までは山で炭を焼くことも営林署の主要事業(官業製炭事業)でした。

DSC_0585.jpg
ヤードの南端から三河田口駅構内を見た様子。
ここで線路が4本に分岐、本線は一番川寄りの線路でした。

DSC_0584.jpg
本線の跡には三河田口駅跡や上流部の集落を沈める設楽ダム調査工事の資材が積んであります。
坑木のようですがトンネル試掘でもしているのでしょうか?

DSC_0589_201603192053568fe.jpg
貨物ヤードは旅客施設に比べ広大な面積を占めます。
田口鉄道は地元と豊川鉄道、帝室林野局が出資して1927(昭和2)年に設立されましたが、資本金300万円の内125万円(全体の41.7%)を帝室林野局が占め強大な発言力を持っていました。
段戸御料林の木材輸送を主目的とした帝室林野局としては旅客のため田口市街に駅があるより御料林へ向かう谷筋に駅があった方が好都合でこのような貨主客従の駅になりました。

DSC_0588_20160319205354c74.jpg
駅舎があったのは谷がすぼまった部分。
丁度トラックが通過している左の方に当たります
何も寄りによって一番狭いところに駅舎を作らなくても・・・というようなところ。

DSC_0590_201603192054274d2.jpg
駅舎跡。その先の小屋や観測施設?のある場所には木造2階建ての乗務区(それ以前は駅前商店だったらしい)がありました。
線路は川縁を続きその先で二又に分かれてました。

DSC_0591.jpg
駅舎を過ぎると再び少し土地が広くなりますがここは帝室林野局名古屋支局新城出張所→名古屋営林局新城営林署の田口土場の跡。

DSC_0594_20160319205429151.jpg
土場事業所の建物とその前には田口森林鉄道の車庫や側線が拡がっていました。
こちらはまた停留場で取り扱うことなので今回は深入りしません。
田口線の土場側線は林鉄車庫の裏辺り(この画像左奥の方)に終端があったようです。
藪で見え辛いですが裏にはすぐ寒狭川が流れています。

田口林鉄については以下でまとめてます。
肝心の椹尾線がまだできてませんが追々UPするつもりです(_ _)
新城営林署の森林鉄道
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 21:32:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ