FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
丸瀬布から上松、川上へ 長野営林局No.139
岐阜県なのに長野営林局坂下営林署管内に入っていた旧・坂下町、川上村。
森林鉄道として計画したものの地元からの要望などで坂川鉄道と言う地方私鉄として開業し、結局は森林鉄道になった数奇な路線の廃線跡にこれまた特殊な協三10t機と運材列車編成が保存されています。

DSC_0514_201602282241497f5.jpg
坂川鉄道の旅客列車終点だった奥屋駅より先の貨物線(事実上の森林鉄道)区間、丸野貨物駅直前の川上川を渡っていた橋梁上に保存されている編成。
説明版には坂川鉄道を走ったのと同型の機関車とされていますが、実際の坂下署の機関車は蒸機はコッペル5.5t機、ガソリン、ディーゼル機も5t以下のもっと小さなものでした。

DSC_0515_20160228224151b7e.jpg
1957(昭和32)年協三工業製10tディーゼル機関車。
北見営林局No.52として丸瀬布営林署武利意(表記は「武利」、「ムリイ」だったりもする)・上丸瀬布森林鉄道に入線しています。
武利意森林鉄道は北海道庁拓殖部林務課が1928(昭和3)年に開業させた森林鉄道で支線を含め60.5㎞、上丸瀬布森林鉄道は14.0㎞。ともに石北本線丸瀬布駅隣接の丸瀬布貯木場から延びていました。

DSC_0448.jpg
丸瀬布では1947(昭和22)年の加藤5t機No.2導入以後、酒井、野村組、協三の5~10t級DLが続々と投入されており、NO.52入線の翌1958(昭和33)年に北海道庁拓殖部林務課以来活躍していた蒸機は全廃。このとき現在丸瀬布憩いの森で動態保存されていることで有名な雨宮21号機も廃車されています。
蒸機は駆逐したものの間もなく林鉄自体が道路化されることになりNo.52は1963(昭和38)年5月に長野営林局上松運輸営林署に移籍してNo.139の番号を与えられます。

DSC_0524.jpg
No.139の台枠を見ると協三工業機10tクラスの他の機関車が鋳物台枠なのに対して鋼板台枠を採用しています。
この特殊な構造のため上松ではほとんど使用されなかったということで現役時代の走行写真も見たことがありません。
車庫内に押し込められた写真では塗装が上運のクリームと茶色でなく王滝色のライトグリーンと茶色に塗り分けれた写真を見たことがありますが実際どんなものだったかよく分かりません。

DSC_0527.jpg
後ろの運材貨車は岩崎レール工業製のようですが銘板までは見えません。

DSC_0528.jpg
車掌車のような存在の制動車は制1~8の8両あったそうですがこれがそのうちの何号車かは不明。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(長野営林局) | 23:08:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する