FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
鳳来寺鉄道三河槙原駅加周組専用線(?)
三河槙原駅は鳳来寺鉄道の駅として1923(大正12)年2月1日に開業しています。元々この地はドウデイという独特のカタカナ地名があったものの人家など無く望月街道が通っていただけだったようです。
この地に人が移り住んだのは1919(大正8)年に足助(現在は豊田市足助)の木材商 加藤周太郎氏が鳳来寺の寺有林の立木処分を落札し製材所や従業員住宅をつくってからのことです。
加藤周太郎の名前は何代にも渡り襲名していたようで1927(昭和2)年の「日本木材界人物伝」によると200年以上木材伐出、製板業を営む老舗だったようです。
名前の頭文字を取った「加周」を屋号としていたようで製材所が名古屋・豊橋に移った後もこの名前を受け継いでいるようです。

doudei.png
三河槙原駅周辺概念図

●鳳来寺有林
鳳来寺は愛知県でも有数の山岳寺院で江戸期には徳川将軍家から鳳来寺山などの寺領を安堵され財政的にも豊かだったのが明治期に寺有林を国有林として召し上げられた上に境内で火災が相次ぐなどすっかり疲弊していました。
元寺有林だった国有林はさらに宮内省御料局(後の帝室林野局)の手に渡り御料林となっていましたが大正初期に鳳来寺再興のため服部 賢成住職を中心として御料林払下げを嘆願、1919(大正8)年に3,112町歩、実測見込面積1,551haの寺有林を667万7,130円で払い下げを受けることに成功します。
帝室林野局としては近隣で面積が広く林相も良い段戸山の施業に集中したかったようで、鳳来寺山の御料林は飛び地となるため所有することに左程意味が無かったのかも知れません。

●加周組の鳳来寺有林伐採事業
鳳来寺では御料林の払い下げ費用を捻出するため立木の売り払いを行うとして愛知県に売払いと売却先の選定を委任、県は競売を行いますが売払い予定価額150万円に応じる業者はありませんでした。
最も入札額の高かった加周組と折衝した結果115万円での売却が決まりました。
加周組は槙原とドウデイに製材所を設置、寺有林から製材所への輸送手段として森林軌道や木馬道を建設して1920(大正9)年より施業を開始。
鳳来寺山施業のための従業員は約1,600人、製材所近辺には従業員住宅300戸や従業員子弟のために私立学校、発電所、交番、食堂までつくり無人の野に突如集落が誕生します。

DSC_0289_201509272033412ed.jpg
「加周」によりつくられた集落内でドウデイの地名を示す公民館。
三河槙原駅の東側の山寄りにあり、この辺にかつて第2製材所があったようだが特に面影はなし


●鳳来寺鉄道三河槙原駅の開業
加周組の鳳来寺山施業では年間で素材40,000本、製材150,000束、木炭150万俵を生産していましたが、施業開始の1921(大正10)年時点で鳳来寺鉄道は免許を受けたばかりで未開業、豊川鉄道が長篠駅(現在の大海駅)まで開業していただけでした。
製品輸送は素材の場合宇連川、豊川を管流し(筏に組まず1本ずつ流すこと)、製材・木炭は荷馬車で大海駅まで輸送して貨車に積み替えていました。
1923(大正12)年2月1日に待望の鳳来寺鉄道長篠~三河川合が開業し、同時に三河槙原駅が置かれます。
駅から槙原トンネルを挟んで豊橋側にあった第1製材所に専用側線も敷かれ製品を直接鉄道輸送できるようになりました。

DSC_0295_20150922221948424.jpg
前回も載せた三河槙原駅の砂利積み込みホーム。
ここから第2製材所の製品出荷も行っていたのだろうか。


●鳳来寺裏山大火
1924(大正13)年3月16日正午頃・・・しばらく雨も降らず乾燥している中で大津谷9林班付近(鳳来寺山自体ではなく東側の大津谷川沿いか?)で山火事が発生。
県有林職員、加周組従業員、地元消防団の消火活動に当たるも干ばつで水が無いため手の付けられない状態に陥ります。
陸軍(愛知大学の場所にいた第15師団?)も出動したものの相当の面積を焼失してしまいました。
タバコの火の不始末が原因とされていますが、当初15か年としていた施業計画がかなり狂ったそうですがどの程度の影響があったのか正確にはよく分かりません。
なお槙原にあった第1製材所は地元の人が譲り受け2015(平成27)年現在も盛業中です。



前置きが大変長くなりました。
いや、そりゃもう森林軌道まで出て来るので・・・(^ ^;)
段戸山の田峰、田口森林鉄道以外で愛知県に林鉄があった記録を見たのは初めてだったものでついテンションが上がってしまいました(笑)
専用線は1923(大正12)年の三河槙原駅開業の頃から加周組が施業を行っていた昭和初期の間に存在していたようで、その後は不明ですが恐らく鳳来寺鉄道国有化までにはなくなっていたものと思います。

DSC_0232_20150927213510106.jpg
第2製材所は駅や第1製材所のあったドウデイ地区とは岩山で隔てられた槙原地区にありました。
両地区間をつなぐ望月街道には素掘り(コンクリート吹付済み)の槙原トンネルがあります。
因みにこの真下は飯田線の槙原トンネル。

DSC_0240_20150927214822c6c.jpg
槙原トンネル豊橋方坑口傍にあるその名も「加周踏切」。
駅構内から槙原トンネルを隔てたこの辺で専用線が分岐していたものと思われます。

DSC_0234.jpg
加周踏切から三河槙原駅を見た様子。
そう言えば駅はドウデイ地区にあるにもかかわらず駅名には槙原が採用されてドウデイ駅や加周駅にはなってませんね。

DSC_0238_20150927214821186.jpg
加周踏切から豊橋方を見た様子。
専用線はここで分岐後、本線沿いにすぐ積み込みホームがあったのかそれとも右に見える道に沿って・・・

DSC_0241_20150927214823e7f.jpg
奥の製材所構内まで入っていたのかそれは今となっては知る由もありません。
このカーブが何だか鉄道っぽく見えて怪しい気がしないでもない。

DSC_0236_201509272135140ee.jpg
加周踏切から宇連川へ向かうと加周橋が架かってます。
名前の通り元々加周組が架けた橋で、今では橋桁や両岸の橋台は新しくなってますが中央の橋脚が石積みで架橋当時のものを使っていると思われます。
巨岩の上に立つ石積みが何とも格好いいです~♪

参考文献
 愛知の林業史(愛知県)
 鳳来町誌 各編(鳳来町)
 南設楽郡誌(南設楽郡教育会)
 日本木材界人物伝 第1巻 (名古屋版) (菊池武徳 著 1927)
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 22:01:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する