■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
遠州鉄道最後の吊り掛け電車
遠州鉄道モハ25+クハ85が夏休み期間中に土曜日に運転されていたので乗りに行ってきました。

DSC_0182_20150918224613dd6.jpg
定番の自動車学校前駅の駅前で撮影。
この電車は型式名モハ30形+クハ80形となるわけですが同型式者は製造量数が多くてモハ39まで製造されたところで30より下の番号が割り振られるややこしいことになってます。
クハ80形もクハ89の次は空き番にしていたクハ85を製造するなどもはや何だかわからない状態(^ ^;)
モハ30形自体は1961(昭和36)年からつくられ、日本車輌で製造時の試運転では当時架線電圧が600Vだった名鉄各務原線を走ったそうです。当時木造電車や半鋼製電車がせいぜいだった各務原線としては掃き溜めに鶴のような車両だったのでは・・・(失礼)
本編成は1978(昭和53)年製と吊り掛け電車としてはかなり新しい車両で一見しただけではカルダン車にしか見えないスタイル。

DSC_0193_20150918224615197.jpg
新浜松から折り返して来た同編成に乗車して終点西鹿島一つ手前の遠州岩水寺で下車。
西鹿島から折り返して来たところを島式ホームの構内踏切から撮影。
終点までほとんど建てこんだ地域を走ってるので撮影はなかなか難しいですね。

DSC_0194.jpg
岩水寺の駅構内を観察すると貨物側線とホームらしき跡もあります。
遠鉄は浜松口の貨物が最後まで残ってましたがここはいつ頃までやっていたのか。

DSC_0202.jpg
遠鉄電車撮影の日程が終わったので浜松に折り返すか天浜線で戻るのかと思いきや次は遠鉄バス北遠本線に乗車して飯田線へ乗り継ぎ~。
高速バスは苦手なくせに一般路線バスの長距離路線は好きなんです(笑)
バスの車両型式などには特に関心が無く、ただ乗ってるのが好きという鉄道に比べればかなりユルイ好き方です。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

東海私鉄 | 23:16:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ