FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
城址公園の旧・蒲原鉄道モハ11
村上藩から分藩された村松藩3万石堀氏の居城として1644(寛永21)年に築かれた村松城。
城は幕末の動乱で焼け落ち、明治には廃藩置県時に村松県庁が置かれたものの統廃合により新潟県となって県庁もなくなりました。
その後は農地や、蒲原鉄道の線路が敷かれて現在は五泉市立村松小学校や城跡公園となっています。

DSC_0422_20150830213223b1c.jpg
城址公園の旧蒲原鉄道村松~西村松の路盤跡(1985(昭和60)年4月1日廃止区間)の道路に面した場所に置かれているモハ11。ED1と同じく1930(昭和5)年日本車輌製。
当初は型式の記号が「モハ」でなく「デ」だったためデ11を名乗っていました。
庄内交通モハ3と同タイプの車両ですが庄内が2段上昇窓なのに対しこちらは1段下降窓でより古典的な姿に見えます。

DSC_0424_201508302132245c6.jpg
同型車はモハ12,13がいましたがモハ12は蒲鉄線全線廃止後に個人に引き取られたとかで、モハ13は車両改造時の玉突き部品を利用し、モハ51形モハ51に型式変更されてます。

DSC_0430.jpg
モハ11は村松~加茂廃止時にワンマン化されることなく廃車。村松~加茂開業時に準備され、同線廃止とともに消え現在はその線路跡に保存という完全な地元っ子電車。
半鋼製電車のはずですが窓が小さいので見た目は木造電車の延長という雰囲気が拭え切れていません。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道写真 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 22:23:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する