FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
新潟交通月潟駅の「電鉄」~その3~
月潟駅の保存車最後はキ116。
国鉄でDD15やDE15以前にラッセル車と言えばこれでしたが自分も実際DE15以降しか見てない世代なので国鉄線上で現役の姿は見たことがありませんね。
DSC_0345_20150811215934454.jpg
1932(昭和7)年鉄道省大宮工場製。
新潟交通で先代の雪掻車キ36(1914(大正2)年こちらも大宮工場製)が老朽化したためその代替で1968(昭和43)年5月に新庄配置だった同車を譲受したとのこと。外観は国鉄時代と変わっていません。

DSC_0350.jpg
真っ黒な車体で車内はさぞ暑いもの・・・と思いましたが3両の中で一番涼しかった(あくまで比較的)です。
窓が少なく車内に日が当たらないためでしょうか。

DSC_0354_20150811215936c0e.jpg
左右の除雪翼を操作していたハンドル。国鉄では左右に2人が乗務していましたが・・・

DSC_0356_20150811215938af3.jpg
キ116の前面には国鉄時代にはなかった運転台が追加されたため前面では3人で乗務していたようですね。
キ100形などの除雪貨車は本来機関車から後押しされるもので、除雪に関する操作と前方監視は行うものの、運転操作は後押しの機関車で行うという代物でした。
キ116は新潟交通譲渡時にモワ51と総括制御できるように電車用のマスコンとブレーキ装置を設置しており事実上「クキ116」になっていました。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

保存車 | 20:57:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する