FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名鉄広見線御嵩口駅の貨物扱い遺構~その2~
名鉄広見線御嵩口駅の貨物遺構。今回はさらに時代が遡る遺構です。

DSC_0695_201506292239470fe.jpg
御嵩口駅に到着する御嵩行6000系の先、架線柱の根元に見えるのは・・・。

DSC_0686.jpg
東濃鉄道762mmゲージ時代の石積み貨物ホーム遺構。
当時の写真を見ると旅客ホームは現在と同じ位置にあったようです。
架線柱の位置からすると改軌後も貨物ホームとして使われていたのでしょうかね?

東濃鉄道(初代)の機関車は現在奇跡的に2台も保存されています。
大日本軌道鉄工部(後の雨宮製作所)1918(大正7)年製の1,2号機。多治見~広見開業時に用意された機関車で、1926(大正15)年9月25日に多治見~広見が国有化され太多線となると国鉄籍ケ90形91,92となりました。
太多線1067mm改軌でお払い箱となった後も実習用の教材となったりして生き延び、国鉄の軽便鉄道を表す「ケ」の符号を持つ現存唯一の機関車となりました。
DSC_0625_2015062923070959c.jpg
名古屋のリニア鉄道館で保存されている旧・東濃鉄道1号のケ90。
蒸気機関車の教材として内部の構造が見えるように切断開腹されています。

DSC_1535_20150629231111787.jpg
浜松の遊歩道「堀留ポッポ道」(かつての浜松工場入出庫線跡)で保存されている旧・東濃鉄道2号のケ91。

折角現在まで長生きしているのだから里帰りさせてかつての貨物ホームに横付けしてやりたいところ。
今年の8月21日には広見~御嵩(御嵩口)開業より95年が経ちます。
5年後の御嵩口開業100周年記念になどいかが?
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

専用線跡 | 19:05:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する