FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
大阪営林局船津営林署笠谷森林軌道~その1~
岐阜県飛騨市神岡町から平湯温泉、穂高方面の地域は1947(昭和22)年の林政統一前は大阪営林局船津営林署の管轄、林政統一後は名古屋営林局に移管されて営林署名も神岡営林署に変わりました。
神岡署と言うと金木戸森林鉄道が大規模で有名(?)ですが他にも林鉄が存在してました。
笠谷森林軌道もそんな路線の一つ。スペックは以下の通りです。

<笠谷森林軌道>
区間   :笠谷斫伐作業所(字ヒヤケ谷外一国有林内)~笠谷貯木場 9,588m
新設年度:1930(昭和5)年度
撤去年度:不明(戦時中に撤去と思われる。金木戸林鉄延長の資材確保のためレールや車輌を転用したか?)
新設経費:82,717円34銭

4.5tガソリン機関車が10~12台の山トロを牽いて2往復、孕車(木材を載せた山トロ)も乗下げではなく機関車が牽引していたということです。
ルートは笠谷の右岸を通っていたことがわかってますが現在の笠谷林道とはルートが違うようです。
軌道の旧道に対して現・笠谷林道を笠谷新道とも言うそうで・・・。
ちょこっとだけ辿って想定されたルートを地図に描き入れて見ました。
笠谷森林軌道起点付近

DSC_0458.jpg
笠谷貯木場跡。
神岡から奥飛騨温泉郷方面へ延びる国道471号が笠谷を渡っているだけで全く人気がない山中です。
奥(神岡方面)に見える橋(ガードレールがあるだけに見えますが)は現在の笠谷橋。

DSC_0460.jpg
貯木場内にある濃飛バスの笠谷バス停。林道を利用する笠ヶ岳登山者向けのバス停でしょうか?
笠谷貯木場の面積は1.25haあったと言うのですが実際にはもっと狭い感じが・・・草木が伸びて狭く感じるのかも知れませんが?

DSC_0463.jpg
現国道橋から笠谷上流方向を見た様子。国道旧橋の橋台はあるものの林鉄の橋梁跡は見当たらず。

DSC_0465.jpg
笠谷林道の石碑。戦後新しく敷いた道路林道開通時の記念に建立したようです。

DSC_0469.jpg
林道に入ってすぐの辺りは軌道跡を利用しているはず。
スポンサーサイト





テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(大阪営林局) | 23:29:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する