FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
えちぜん鉄道テキ521+522撮影イベント~その3~
1914(大正3)年の開業時につくられた旧・京都電燈古市変電所。
京都電燈は越前電気鉄道の母体となった京都の老舗電力会社です。
今でも同社の重厚な本社ビル(現在は関西電力京都支店)が京都駅烏丸口に建っているので覚えのある方も見えるかも。
京都市内の嵐電こと京福嵐山線や叡電こと叡山電鉄も元は京都電燈がつくった電気鉄道です。
まだ電気を引いてない家も多かった当時のこと。
電車は余剰電力を使うというだけでなく自社製品である電気の広告塔という意味もあったようですね。

DSC_0061_20150420235415ea3.jpg
以前は叢に荒れ果てた姿で建っていたこの変電所でしたが周りも整備されて随分とさっぱりしました。
前のあの怪しげな雰囲気もあれはあれで良かったですけどね(^ ^;)
福井市付近の赤煉瓦建物は福井空襲や1948(昭和23)年の福井地震であらかた失われているため非常に貴重な存在です。

DSC_0040_2015042023541407b.jpg
永平寺口駅新駅舎。金津~永平寺直通時代の旧・永平寺線ホーム跡に建てられました・・・以前は駅裏の永平寺行バス乗り場があった方に駅舎も移転したわけですね。

DSC_0090_2015042023541853f.jpg
旧・駅舎は地域交流館として健在。
集落中心部はこちらなのでここからも駅構内に入れるよう配慮されているようです。

DSC_0089_20150420235416a95.jpg
新駅舎ができても各所に彫刻が施され、デザイン性では旧駅舎に軍配が上がりますね。
現在ではコストの問題でとてもではないですがこういう駅舎はつくれないでしょうね。

DSC_0216_201504202354190bf.jpg
永平寺口から福井口へのテキ返却回送を撮りにリンク先の社長さんと観音町まで移動~。
松岡~観音町の併用軌道風な場所で撮ることにしました。
軌道線車両がこういうところを走るのも面白いのですが電気機関車ともなるとあまりに異様な雰囲気です。

DSC_0219_20150420235444d80.jpg
振り返って後打ち。
道路標識やミラーが林立してごちゃごちゃしますが、こちらの方がより道端の雰囲気が出ますね。
かつては中竜鉱山からの鉱石輸送やダム資材輸送などがあり、こんな路地裏軌道でも長大貨物列車が走っていました。
スポンサーサイト





テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

電気機関車 | 21:51:05 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
西宮後さんこんばんは
2012年から毎年4月に開催されているこのイベント、機関車回送ダイヤも毎回変わるので興味深いですね。
今年のダイヤは、昨年の実ダイヤと同じでした。
昨年は、イベント展示中に運転台に掲出されていた時刻表より1時間繰り上げて運転されたようですので(^^;;
2015-05-06 水 21:32:18 | URL | 社長 [編集]
社長さん、こんばんは。
北陸私鉄は機関車保有率が高いのですがまともに動いているところを見られたのはえち鉄だけ・・・なのでとてもありがたいイベントです。
えち鉄沿線のロケーションも市街地、併用軌道風、田園、山地と魅力的なものが一通り揃ってて撮影地も事欠きませんね。
1時間繰り上げってのも当日中にそこまで臨機応変にできてしまうとは(・ ・;)
ローカル私鉄ならではでしょうか。
2015-05-08 金 00:04:49 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する