■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
えちぜん鉄道テキ521+522撮影イベント~その2~
越前島橋駅からテキ521+テキ522展示場所の永平寺口駅へ移動してきました。
DSC_0043_201504172142595c2.jpg
末期の永平寺線乗り場だった1番線留置なのはいつも通り。
しかし背後に見える駅舎が既に駅舎としての使命を終えて新駅舎が反対側にできています。

DSC_0076.jpg
テキ522勝山側の尾灯を見ると茶色の塗装の下から緑色が見えています。
京福電気鉄道時代の昭和40年代中頃まで電車に塗られていた色なので廃車からの再利用品なのでしょう。

f-keifuku-mc107.gif

f-keifuku-cargo1.gif
京福福井の電車がクリームと緑の塗り分けだった頃。
クリーム部分が黄色っぽかったり、赤味がかっていたり、屋根がえんじ色に塗られたりで同じ塗装でも時期によって結構ばらつきがあったようです。
車輌イラストは永平寺鉄道引き継ぎのホデハ104形(1930(昭和5)年日本車両製)。
越前電気鉄道(現・勝山永平寺線)や三国芦原電鉄(現・三国芦原線)と同タイプの電車でしたがこちらは制御装置が直接制御で2両以上では総括制御不可という路面電車のような構造でした。
2両以上で運転するときは機関車が客貨車を引っ張るように無動力とするか、後ろの電車にも運転士が乗務して警笛合図などで力行、惰行、ブレーキなど息を合わせて運転しなければなりません。

DSC_0136.jpg
今年も福井方の桜と撮れるポイントでの撮影会が2回。
今年は係員さんの誘導で休耕田(?)内からの撮影もできました。

DSC_0148_201504172143038a0.jpg
曇っているので今年は反対側からも。
永平寺町保健センターの駐車場から見るとすぐ下の田んぼには既に水が張られておりヘッドライトが水鏡に。
この場所は1969(昭和44)年9月18日に廃止された永平寺線 金津(現・芦原温泉)~東古市(現・永平寺口)の路盤の上でもあります。

DSC_0176_20150417214305fad.jpg
今年は駅の勝山方での撮影会もありました。赤レンガの旧・古市変電所と桜との組み合わせとのことでしたが、あまりそれにはこだわらず撮影~。

DSC_0185_201504172143513d0.jpg
変電所との組み合わせより勝山方からテキが入線してくる風景を撮りたかったもので・・・。
右下には旧永平寺線のレールが見えてジャンクション駅の面影が残ります。
金津まで線路が延びていた頃は永平寺から来た永平寺線がテキがいるところで越前本線(現・勝山永平寺線)と平面クロス、北側の永平寺線ホームに達していました。
長らく残っていたその永平寺線ホームは永平寺口駅新駅舎が建ったことで撤去されています。
スポンサーサイト


テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

電気機関車 | 22:18:08 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
西宮後さんこんばんは
テールライトの由来は電車の可能性があるのですね。
えち鉄521イベントの写真を掲載しているホームページやブログは数あれど、独自の視点、興味深く拝見しました。
そのさんも期待しています
2015-04-22 水 20:02:35 | URL | 社長 [編集]
テールライト
社長さん、こんばんは~。
ご感想ありがとうございます。
テールライトは元の持ち主がどの車両かまでは分かりませんが(ホデハ231型以前のどれか・・・範囲広過ぎ(^ ^;))、電車のものと考えて良さそうです。
塗装が荒れた車両の下から写真でしか見たことのない時代の塗色が覗いているのが何とも面白くて、保存車でも塗装が綺麗な車両よりガビガビの車両の方をじっくり観察してしまいます(笑)
2015-04-23 木 22:35:38 | URL | 西宮後 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ