FC2ブログ
 
■プロフィール

にしみやうしろ

Author:にしみやうしろ
小田急沿線で生まれ、金沢で北陸鉄道にはまり、愛知では名鉄に臨海鉄道さらに森林鉄道、今ではすっかり私鉄・貨物ファンに・・・。
鉄道に由来していろんなものに興味を持つようになってしまいました。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■閲覧数(2014/8/12~)

閲覧数(2014/8/12~)

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
名古屋営林局小坂営林署小坂森林鉄道の私有貨車?
下呂市小坂町 旧・湯屋小学校の「きこちゃん文化祭」にて小坂森林鉄道の展示にお誘いを頂きお出かけ~。
「きこちゃん文化祭」でお会いした皆様には本当にお世話になりました。お礼申し上げます。
林鉄の資料も大収穫でした。

さて名古屋営林局管内最大規模を誇った小坂森林鉄道ですが残っている車両は濁河温泉の協三DL+鉄製運材車が撤去されてからは既にこの世にないものと思われていました。
峻険な山中に隔絶された軌道がそのまま残る濁河線上部軌道にはモノコックトロの廃車体があるとのことですがなかなかアクセスは難しそう。

ひめしゃがの湯で保存されている酒井5t機+B型客車+モノコックトロは御嶽山を挟んで反対側の王滝森林鉄道の車両ですが、その後ろに小さな木製貨車がいます。
DSC_1018_201503292311484f7.jpg

これが小坂森林鉄道で使われた車両なのだそうです。
以前は沿線で放置状態だったのを引き取って腐った木部を取り替えて復元したとのこと。
営林署が使う車両ではなく沿線住民の持ち物で運材列車に混結して一般貨物輸送に活躍していました。
国鉄・JR流に言うと私有貨車ということになるでしょうか。

全長はほぼ1700mmと標準的な木製運材貨車と同程度。軸距は850mmと長目に取られています。
ブレーキ装置は失われているものの取り付け跡の金属部品は残っています。

DSC_1017_20150329231146326.jpg
車輪外側にブレーキシューが付き、ブレーキてこでブレーキ操作するタイプ。
中小林鉄には多いタイプですが手巻き式ブレーキが主流の小坂では珍しいかも?

ブレーキの操作は↓のように行います。
truck-b.jpg
オレンジで示したブレーキてこを押すか引くかの切り替えで、車輪の外側に付いたブレーキシューが動かせます。

小坂森林鉄道1級線では戦後運材貨車にはエアーブレーキが装備されたのでブレーキ引き通し管の連結が不要な列車最後尾にぶら下げて運行していたのでしょうね。
スポンサーサイト





テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

森林鉄道(名古屋営林局) | 23:19:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する